スポンサーリンク

子連れキャンプの秋冬キャンプ防寒装備について、我が家の用意をご紹介 

【キャンプギア紹介】

こんにちは(*´▽`*)

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

夏のキャンプシーズンが過ぎ、台風の9月が過ぎていくと、心地よい秋キャンプ、雪景色が美しい冬キャンプのシーズンへと移っていきます。

景色の美しい季節で、この時期のキャンプにご興味をおもちの方々も多いのではないでしょうか。

我が家も、秋~冬のキャンプは大好きです。

そんな美しい景色のを楽しめる季節ではありますが、一方朝晩の冷え込みなど、だんだんと寒さが増してくる頃でもあり、寒さ対策が必要になってくる季節でもあります。

こちらの記事では、秋~冬にかけての子連れキャンプにご興味のある方々のお手伝いを目的に、通年でキャンプにでかける我が家の体験をふまえ、寒さ対策の内容をまとめました。

ご覧いただければ、寒い時期のキャンプに必要な用意や活躍する道具達についておわかりいただけるかと思います。

よろしければ最後までご覧ください。

こちらの記事が皆様のお役に立ちましたらうれしいです。

子連れキャンプの秋冬キャンプ防寒装備について、我が家の用意をご紹介

では、さっそく我が家の秋・冬キャンプの防寒装備についてご紹介していきます。

必要な防寒装備については、大きく分けると衣服【防寒道具類】とに分けられると思います。

両方について、我が家の体験をもとにご紹介します。

秋冬キャンプの衣服、服装について

秋冬の服装。防寒装備

まずは寒い時期の服装について見ていきましょう。

当然秋と冬とでは同じではありませんが、気を付ける点など共通する部分があります。

服装の基本はレイヤードスタイルで用意

持っていく洋服を用意する際、当然暖かい防寒着というのも重要ですが、意識すべきは重ね着(レイヤードスタイル)を念頭に考える事です。

日内の気温差が大きい季節用の防寒着や、走り回って遊ぶ子供用の防寒着は、暑すぎる場合、発汗とその後の汗冷えにつながってしまうため要注意です。

状況にあわせた体温調整が可能な重ね着での防寒を意識する事で、過度な発汗による汗冷えを防ぐことにつながります。

素材としては、【フリース】や【ウール】、【ダウン】などが保温性が高く効果的です。

それぞれ、繊維の中にたくさんの空気を取り込むことで体と外気の間に空気の断熱層をつくり、体温を保ってくれる特徴があります。

秋や冬など訪れる季節ごとの気温にあわせ、重ね着の量を増やしたり、減らしたりして調整します。

【ザノースフェイス】 フリース ジャケット マウンテンバーサマイクロジャケット

コンパクトに持ち運べて、暖かいライトダウン系のジャケットやパンツ類は、秋の時期からでも使用できて重宝します。

秋は朝晩冷え込んだ時間に羽織れるように、冬場は暖かいアウターのダウンの中にミドルレイヤーとしても利用できるため、寒い時期全般に活躍します。

ユニクロのライトダウンジャケット

こちらはワークマンのフュージョンライトダウンパンツについて書いた記事です。よろしければこちらもご覧ください。

さらに汗冷え予防に最も大切のはベースレイヤーとなるインナーウェアです。

インナーウェアは吸汗速乾性が大切

インナーは吸汗速乾性が大切

汗冷えを防ぐうえで特に重要なのは、肌に直接触れるインナーウェアです。

秋でも冬でも、外で遊びまわる子供達は汗をかく事も多いでしょう。

綿100%の下着だと、吸汗性は高くても、速乾性はなく、濡れた下着が外気温で冷やされ顕著に汗冷えしてしまいます。

着替えを用意するのも一つですが、寒い中下着を着替えるのも嫌なので、速乾性の高いインナーを用意しておくと良いでしょう。

(モンベル) mont-bell ジオラインL.W.VネックTシャツ Men’s

服装としてのレイヤードではありませんが、汎用性が高く、あると便利なのがブランケット類です。

手軽に暖を取れるブランケットが便利

ダウンブランケットの様な、コンパクトで持ち運びやすく、暖かいブランケットがあると、手軽に防寒対策ができます。

腰に巻いたり、キャンプチェアのお尻に敷いたり、寝る際にシュラフの上にかけたりと、寒いところにチョイ足しができて便利です。

寒くなってくる秋の頃から、寒さが厳しくなる冬季まで、全般を通してあると便利な道具でしょう。

ダウンブランケットSnugpak (スナグパック) ジャングルブランケット

というわけで、寒い時期の服装用意についてご紹介しました。

冬であれば十分に用意もするでしょうが、秋の頃も、夜間にぐっと冷え込むことがあるため、ブランケットやアウターなど、多少余分に用意しておくと安心です。

さらに、氷点下になる雪中キャンプでの服装についてまとめた記事もありますので、よろしければこちらもご覧ください。

続いては、防寒対策として活躍する道具類についてご紹介しましょう。

秋冬キャンプに活躍する防寒対策用キャンプ道具類

防寒対策用ストーブ

では、寒い時期のキャンプで活躍しているキャンプ道具類について、見ていきましょう。

石油ストーブとストーブファンは定番暖房器具

ツールームテントの前室でストーブを利用

まずは石油ストーブとストーブファンです。

キャンプ場の標高などによっても異なりますが、我が家では秋が深まってくる10月後半あたりから出陣します。

我が家は前室の広いツールームテントを利用していて、ストーブはその前室内で使用します。

【トヨトミ】対流式石油ストーブGEAR MISSION RR-GE25(G)オリーブ色 日本製 【コンクリート】9畳トヨトミ】反射式石油ストーブGEAR MISSION RS-GE23(G)オリーブ色

ストーブには対流型と反射型がありますが、我が家は反射型です。

反射式の場合、灯油タンクが取り外し式のため、運搬時に灯油が漏れない様注意が必要というデメリットもありますが、テント内では端におけるため、スペースの限られた前室内で重宝しています。

また端に配置ができる点は、子供達の火傷のリスクを減らすのにも効果的です。

前室内のストーブ位置と動線(動線は右の⇔)

※ストーブについての詳細はよろしければこちらの記事をご覧ください。

ストーブを使用する際は、暖房効率向上に寄与してくれる【ストーブファン】も一緒に使用しています。

ストーブと一緒に使うと、暖房効率アップ

ストーブファンは天板の上におくだけで、熱により内部のモーターが駆動しファンが回り、室内への暖気の広がりをサポートしてくれます。

ストーブの天板にのせるだけ

風量は穏やかで、ストーブの上部からそよそよと暖かいそよ風が吹いてくるような感じですが、あると、前室内の全体のあたたまりは早いです。

ストーブファン

※ストーブファンについての詳細はよろしければこちらの記事をご覧ください。

続いては、とても簡単な防寒対策です。

使い捨てカイロもとても便利

あると重宝するのが、使い捨てカイロです。

貼れるタイプはホッカイロは衣類の上からはったり、シュラフの足元にいれたり、ポケットに入れたり、汎用性が高く便利です。

温熱時間が長いものや温度が高いものもあり、重宝します。

使用時は低温火傷などに十分ご注意ください。

マグマカイロ

続いてこちらも手軽に防寒対策ができるアイテムです。

湯たんぽも使い方が簡単であたたかい

こちらも11月から冬キャンプになってくると、必ず使用する道具です。

後述する前室の簡易コタツ内で使用したり、シュラフの中に入れて使用したりと重宝しています。

金物タイプとプラスチックタイプ、充電式の電気タイプとがありますが、我が家はプラスチックと金物の二つを使用しています。

マルカ湯たんぽタンゲ湯たんぽ

キャンプで使用する場合、湯たんぽは金属タイプがおすすめです。

理由は、金物タイプは水を入れて直接火で温められる利点があるからです。

湯たんぽには意外とたくさん湯量が必要で、一つに2.5Lほど入ります。

プラスチックタイプのようにお湯を注ぎ入れる必要がある場合、たくさんのお湯を沸かして注げる大きめの薬缶が必要になります。

プラスチックの湯たんぽはやかんで沸かして注ぐ必要あり。

その点、金物タイプだと、水を入れてそのまま火にかければ良いので、とても簡単です。

入れる水が多すぎると、沸いたときにお湯が噴き出す点や、熱された湯たんぽの扱いなどには注意する必要があります。

金物タイプはそのまま火にかけてあたためられるので、便利

続いては、こちらも簡単な防寒対策のひとつです。

電源付きサイトで、家電暖房製品を利用する

冬場はシュラフ内に電気毛布を敷きこむ

我が家は、冷え込みが厳しそうな時は、必ず電源付きのキャンプサイトを予約するようにしています。

理由は電気毛布や電気ヒーターなど自宅で使用している家電暖房製品が使えるからです。

寒い時期特に良く活躍しているのは電気毛布やヒーターです。

アイリスオーヤマ 電気毛布 掛け毛布 敷き毛布 掛け敷き兼用 【丸洗いOK】

我が家のキャンプ用シュラフは、いわゆるスリーシーズン用のシュラフですが、電気毛布を一晩中併用する事で冬でも寒くて起きる事なく眠れています。

電源付きサイト利用の場合は、延長コードを持参するかレンタルする必要があるので、忘れずに確認が必要です。

延長コードは電源サイト利用時に必要になる事が多い

※延長コードやシュラフの冬対策についての詳細はよろしければこちらの記事をご覧ください。

さらに、電源付きサイトでこんな防寒対策も行っています。

寒さ厳しい冬場は、お座敷コタツスタイル

日中から寒さの厳しい冬キャンプでは、前室内をお座敷、コタツスタイルにして、閉め切って過ごします。

前室にシートやマットで作った座敷スペースに、電気毛布を敷き、その上にキャンプテーブルをおき、コタツ布団をかけて、コタツをつくります。

前室にお座敷スペースを作る
テーブルとコタツ布団をかぶせて、コタツにする。

熱源として、電気毛布湯たんぽに加えて、布団乾燥機を使用しています。

電気毛布と布団乾燥機をコタツの熱源に使用
アイリスオーヤマ布団乾燥機

雪中キャンプの様な真冬の場合は、こんな感じにコタツ+ストーブにして、前室内で過ごしています。

続いて、結構大切な、寝床や前室床の底冷え対策です。

エアーマットやインフレータブルマットなどで底冷えを予防

インフレータブルマットと、中央はウレタンマット
インフレータブル枕

寒い時期は、地面からの底冷えが体温を奪います。

インフレータブルやエアのマットの特徴は、内部に空気が多く含まれている事です。

空気は非常に断熱性が高く、体と地面との間に空気の層を作る事で、底冷えを防いでくれます。

アウトドア用のウレタンマットも凸凹している形状が間に空気を閉じ込めるため、体と冷たい地面の間に空気の層を作り出す役割をしており、断熱の効果があります。

当然厚みがある方が、地面の凹凸の緩衝も、断熱性も高くなります。

ColemanキャンパーインフレータブルマットColemanインフレーターマットハイピークダブル

※我が家の使用しているマットについて、よろしければこちらの記事をご覧ください。

続いても寝床に関わるところですが、スリーシーズンシュラフをパワーアップさせる道具です。

シュラフにシュラフを重ねて性能強化

シュラフに、シュラフで掛布団

電気を使用しないシュラフのパワーアップ方法で、追加の掛布団としてシュラフを重ねるだけです。

我が家は4人家族なので、ダブルサイズのシュラフを開いた状態にして掛布団にするとちょうど良いサイズになります。

まだそこまで冷え込みは厳しくない10月や11月ころはスリーシーズンシュラフの補助として、12月以降雪中キャンプになるような真冬にも電気毛布との併用という形で活躍しています。

※シュラフの冬対策についての詳細は、よろしければこちらの記事をご覧ください。

続いて、テントによってはこんな対策も重要です。

自作スカートで冷気を遮断

寝室部分

我が家のコールマンタフスクリーン2ルームハウス+は、前室部分にはスカートがついているものの、寝室側はついていません。

寝室側のフライシートと地面の間には5cmほどの隙間があります。

寝室部分スカートなし。
寝室部分は地面と間に5㎝ほど隙間がある

冷え込みが厳しい時期なると、隙間風でインナーテント内がかなり冷えてきます。

そんな隙間風を防ぐために、寝室側の隙間を埋めるスカートを、シルバーシート(銀色のブルーシート)を利用してDIYし、使用しています。

作成は簡単で、テントの隙間サイズにあわせた#3000のシートをきって、クリップでテントの淵にとめるだけです。

銀色のシートを切って、クリップで止めるだけ

#3000くらいの厚手だと、硬さもあるため、風が吹いても簡単にはなびかなくて、風をしっかり防いでくれますし、お値段もお手頃です。

換気が悪くなる分、結露が生じる欠点はありますが、隙間風はしっかり防いでくれます。

ユタカシート

さらに隙間風を遮断する対策です。

スカート用のチビペグで、スカートをピタリ。冷気の侵入をカット

もともとテントについている前室部分のスカートは、素材が軽く風になびいてしまうので、隙間をふさぐための専用ペグが活躍します。

使用するとピタッと隙間が埋まり、隙間風を防いでくれるため、前室内の寒さがかなり違い、とてもおすすめです。

ColemanアルミスカートペグセットUNIFLAMEちびぺぐ

続いては、テント内に籠る場合に用意しておくと良い道具達です。

ガスコンロがあればテント内で湯沸かし調理可能。寒冷期用のCB缶も忘れずに。

スペースの限られた前室内やテント内で過ごす場合は、コンパクトな一口コンロが重宝します。

シングルバーナーもコンパクトで活躍しますが、ダッチオーブンなど重い調理器具やたこ焼き用鉄板なども使用できるアウトドア用コンロが汎用性が高く使い勝手がよいです。

IWATANIタフ丸

CB缶は寒冷期など気温が下がると出力が低下してしまう特徴があります。

一桁や氷点下などと冷え込む場合は、寒冷期用のCB缶もあわせて用意しておくと安心です。

なお、テント内での石油燃料系道具の使用は一酸化炭素中毒の危険があるため、換気に十分に注意してください。

SOTOパワーガス

続いてもテント内に籠る場合に重宝する道具です。

打ち込み式ランタンスタンドは前室内でも省スペースで利用可能

打ち込み式ランタンスタンド

前室におこもりキャンプになる冬場は、省スペースでつかえる打ち込み式のランタンスタンドが重宝します。

ドーム型テントやトンネル型テントなど、前室内の高さがある場合など、上方から室内を照らせると、室内が明るく便利です。

3脚式のランタンスタンドは足元がかさばるため、打ち込み式だと足元が省スペースで済み、便利です。

ハンマーランタンスタンド

打ち込み式は室内でハンガーラックとしても使用できるため、冬場のみでなく、通年便利に使えます。

お次もテント内で過ごす場合にあると便利な道具です。

LEDランタンがあればテント内も明るい。寒い時は電池の予備を忘れずに。

室内の使うランタンはLEDが安全です。

ガスやガソリンランタンはテント内で使用するには、熱やガスなど心配な点が多いですが、LEDは安心して使用できます。

冬季などの寒冷地は電池の消耗がいつもより激しくなるため、電池の予備も忘れずに用意しましょう。

続いて、雪中キャンプなど氷点下になる時期はこんな道具も必要です。

クーラーボックスで食材の凍結予防を

夏場保冷用に活躍するクーラーボックスですが、冬場は凍結予防に活躍します。

氷点下になるような時期の場合は、食材や飲料を外に出しておくと、凍結してしまいます。

クーラーボックス内に置いておく事で、凍結を防止できます。

凍結予防が必要な寒い時期にはこんな用意もしておくと快適です。

魔法瓶があれば沸かしたお湯が保温しておける

登山用魔法瓶

保温性の高い魔法瓶も重宝します。

朝の冷え込んだ時間帯に起きてくると、室内はキンキンに冷えています。

そこから、暖房器具に火を入れ、お湯を沸かしていくのですが、冷え込んでいればいるほど、時間がかかります。

夜の室内が暖かいうちに、暑いお湯を魔法瓶に入れておくと、翌朝起きた際に、暖かいお湯を速やかに利用する事ができ、朝の冷え込む時間帯が少し快適になります。

最後に、防寒対策ではありませんが、冬場の用意としてこんな備品も必要です。

余分な飲み水と結露拭き取り用の雑巾類

幕内の結露が出やすいため拭き取る道具を用意

外気温とテント内気温の差で、テント内が結露する事は良くある事です。

拭き取るためのタオル類などの用意も忘れずにしておくと安心です。

また、時期や場所によっては、水道管の凍結が生じる事もある様です。

対処するために余分な水を用意しておくと安心です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

秋・冬キャンプの寒さにむけて、我が家の防寒対策や用意についてご紹介しました。

これらの対策を、冷え込みの状況にあわせ、組み合わせて実践しています。

寒さについては、標高や地域によって冷え込みもだいぶ異なり、必要な用意の程度も異なってくると思います。

訪れるキャンプ地の気候など下調べしておいて、凍えるような思いをしないよう用意をしたいものですね。

以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

記事内でご紹介した関連記事はこちらです。よろしければこちらもご覧ください。

おすすめ冬キャンプ装備。ワークマンのフュージョンダウンライトパンツ
秋冬キャンプの防寒装備やダウンパンツをお探しですか?こちらの記事では、秋や冬キャンプで活躍するコスパの良いダウンパンツとして、ワークマンのREPAIR-TECHフュージョンダウンライトパンツについて、仕様や特徴、感想を紹介しています。
氷点下の雪中ファミリーキャンプ。服装のポイントと我が家の服装をご紹介
氷点下の雪中ファミリーキャンプ時の服装について、意識しておくとよいポイントと我が家の実際の服装について、大人の場合と子供の場合を紹介しています。ご覧いただければ、雪中キャンプ時の服装の一例についてお分かりいただけるかと思います。
反射式石油ストーブをファミリーキャンプで使う。運び方や用意について
我が家は秋、冬、春のファミリーキャンプで、反射式石油ストーブを使用しています。記事では、ストーブの運び方や必要な灯油の量、幕内レイアウトや気を付ける点について、ストーブ取り扱い説明書と我が家の体験をもとにまとめています。
子連れキャンプに延長コードは必須な道具です。理由と選び方をご紹介
子連れキャンプに延長コードは必要な道具だと思います。その理由の説明と、適切な延長コードの選び方についてまとめました。これをみれば、子連れのファミリーキャンプにおいて、延長コードの必要性と選び方がわかるとおもいます。
DOD【わがやのシュラフ】氷点下の雪中ファミリーキャンプでの使用状況と感想について
こちらの記事では、DOD【わがやのシュラフ】について、氷点下の雪中キャンプでの使用感想についてまとめています。ごらんいただければ、我が家が【わがやのシュラフ】以外に追加で講じている防寒対策と、実際使用してみた感想がおわかりいただけます。
Naturehaikeのエアマットダブルサイズをファミリーキャンプで使ってみました。
Naturehikeのエアマットダブルサイズについてまとめた記事です。インフレータブルマットから買い替えた我が家が、インフレータブルマットとの比較を交えながら、仕様や外観、キャンプでの使用感想についてまとめています。
インフレータブルマットについて子連れファミリー目線でレビュー
こんにちは。今回の記事はインフレータブルマットについてまとめました。インフレータブルマットについての説明に加え、我が家のインフレータブルマットの使用感想とおすすめのマットを紹介しています。マット購入を検討されている方の一助になれば幸いです。

関連記事含め、記事の内容が皆様のお役に立ちましら幸いです。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました