子供と工作。意外と簡単な竹を使った流しそうめん台の作り方

こんにちは( *´艸`)

当ブログをご覧いただきありがとうございます。

さて、先日かねてから憧れていた、流しそうめん台作りに、子供達とチャレンジしました。

今回はその様子をまとめてご紹介します。

ご覧いただければ、竹の購入方法や必要になった道具、作り方、設置の様子、実際の様子、やってみて感じた注意点などが分かると思います。

一から作って、食べるまでを子供と一緒に体験できるのは、良い思い出作りになりました。

流しそうめんにご興味がございましたら、是非最後までご覧ください。

★☆★BLUETTI全品1000円OFF★☆★ アフィリエイトサイトに限定、1000円のクーポンを追加! ————– code:AFF1000 ————– 8月11日〜 9月30日まで
目次(タップできる目次)

意外に簡単?竹を使った流しそうめん台の作り方

竹を使った流しそうめん台の作り方は、道具さえあれば、工程は意外に簡単です。

工程を説明していきます。

竹の購入方法

まずは竹の購入方法です。

購入場所

ホームセンターなどではなかなか見つけられませんでした。

そのため、近所の竹材店を調べて、直接問い合わせました。

GoogleMapで【竹材】で調べると、近所の竹材を扱っているお店が見つかります。

あとは、HPを有しているお店にお電話したところ、快く譲って頂けました。

購入する竹

竹には真竹や孟宗竹などの種類があり、性質が異なります。

当然、良くわからないので、竹材店に用途を伝え相談したところ、真竹を用意してもらいました。

真竹は弾力性があり、加工もしやすく、建築や竹細工に利用されるそうです。

直径10~13cmほどで、長さは10mくらい、値段は¥1,500でした。

竹材店なので、持ち運びやすいように加工もしてくれました。

見た目はイメージよりかなり太めでしたが、結果的には流しそうめんに必要な太さでした。

必要になった道具

加工に必要な工具

鉈のような刃物とハンマー、のこぎりなどが必要です。

あとノミとサンドペーパーもあれば、最高です。

子供達が一緒にやりますので、手を怪我しない様に、軍手や厚手の手袋があると良いです。

作り方

次に、作り方を見ていきましょう。

竹は竹材店で車に乗せれるように2m程度にカットしてもらったので、そのまま使用しました。

竹を割る

まずは、竹を半分に割ります。

鉈とハンマーを使えば簡単に割れます。

注意点は、よく見ると竹は節ごとにジグザグしていますので、割く方向に注意が必要だと、竹材店の方に教えていただきました。

横にジグザグするとそうめんの流れに影響しそうなので、ジグザグの影響がすくない向きで固定し、割けば、影響を減らせます。

ジグザグを減らすために少し回転させた写真

竹の片端を壁などにあて、固定し、反対側の中央に鉈を当て、ハンマーで打ち込んでいきます。

水平が割りやすいと思います。

1mくらいすすんでいくと、どんどん勝手に割けていきます。

そのまま、鉈で割いてもいいでしょうし、割けた端の両側を持って、手でもガバっと割けます。

節をとる

半分に避けたあとは、節を取り除きます。

まずはハンマーでたたき割ると、大まかにとれていきます。

中央部は簡単に取れますが、周辺部が残ります。ノミで削りとると簡単にきれいになります。

節をとったあとは、割いた竹の淵がささくれてるところもあるので、子供の手に棘がささらないように、粗いサンドペーパーでざっとやすり掛けしておくと、刺さりにくくなると思います。

削ったカスなどをきれいに洗い流し、そうめんを流す竹の完成です( *´艸`)

2mほどの割った竹が二つできました。

あっという間でしょう?

台を作る

次に、そうめんを流す竹を傾斜をつけて配置する台が必要になります。

脚立やテーブルなど、家にあるもので代用できるので、それが簡単ですが、竹を割いて加工すれば台にすることもできます。

我が家では40~50cm程度の台を一つ作ってみました。

希望の台の高さになる様竹を切り、適当に割いた竹3本をガムテープやひもで束ね、開けば台になります。

拡げにくく、不安定ですが、部分的には役に立ちます(;^ω^)

レイアウトの方法

レイアウトに必要な道具

レイアウトに要する道具は、以下の通りです。

・土台となるもの(脚立や椅子、テーブルなどなんでも良い)

・ポリタンクなど水を流すもの

・ポリバケツやそうめんを受け止めるザル

などです。

土台などは、傾斜をつけて並べるだけなので、自宅にあるもので色々と代用がきくと思います。

レイアウトの実際

我が家は駐車場の形状や脚立、コンテナや脚立やらを利用して竹を配置しました。

その周囲にテーブルやいすなどを配置して、レイアウトの完成です。

実際の様子

同じ竹で作ったコップで食べました。

なかなかうまくいきました。

綺麗にするすると流すには、流すそうめんをほぐしながら流すなどコツがいりますが、流れなくても、かえって子供にはとりやすいので、それも良かったです。

また、よく流れるには、水流と傾斜の調整が必要で、注意点として後述します。

まぁでも、なんとか、家族で流しそうめんを楽しめました( *´艸`)

ついでに作った竹のコップに、つゆを入れて食べると、なおおいしいです(*´▽`*)

注意点

反省点は、水についての問題です。

そうめんがきちんと流れるには、節をキチンと取るのも大切ですが、竹の傾斜水流が大切です。

うまく流れず、調整を要しましたので注意点としてご紹介します。

ポリタンクの水流は弱い

ポリタンク(20L)は、水流に限界がありますので、竹の傾斜を調整する必要があります。

一度設置した台の傾斜を途中で変更するのはひと手間なので、設置の際にテストをして確認しておくのがおすすめです。

ポリタンクは容量に限度がある

20Lのポリタンクで、水流調整しつつ流しましたが、10分前後で使い切ってしまいます。

途中追加で補充が必要になります。

散水ホースは飲食利用不可

こうなると、屋外用散水ホースが使いたくなりますよね。

容量の限度もないし、水流の調整が非常に簡単です。

しかし、散水ホースは注意書きで飲食用の利用は止められています。

屋外に長期保管しているホースなので、当然でしょうが、うっかり我が家は使用してしまいました(;´∀`)

言い訳ですが、使用前に沢山水を流して、洗浄したつもりです。

確かに水流の調整は非常に簡単ですし、便利でしたが、衛生面は気になりますよね(;´∀`)

幸い誰もお腹を痛めたりはしていませんwww

保管について

最後に保管に関するお話です。

竹はカビやすいです。

竹材店の方も、すぐにカビてしまうので、保管は難しいと教えていただきました。

使用後きちんと乾燥させて、保管しておけば、シーズン中に何度か使用できるかもしれませんが、頻度が少なく、保管期間が長いと、カビてしまいます。

楽しんだあとは、竹の工作などに転用するなど、保管せずに転用し処分する方が無難に思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

竹を使った流しそうめん台の作り方が伝わりましたでしょうか。

加工するのにスペースや道具は必要でしょうが、加工の工程は意外と簡単でした。

余った竹で、灯篭や、コップも作ってみましたので、その様子もご覧ください。

工程は簡単で、親子で取り組める楽しい作業だと思います。

是非ともトライしてみてはいかがでしょうか。

他にもキャンプも親子で楽しめるおすすめレジャーです。

興味がある方はこちらもご覧ください。

以上です。こちらの記事が皆様のお役に立ちましたら幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

限定クーポン配布中!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次(タップできる目次)