スポンサーリンク

子連れファミリーキャンプの道具選び。まずはレンタルがおすすめという話

【キャンプギア紹介】

こんにちは(^^)/

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

さて、今回は、これから子連れキャンプをはじめるという方々の道具選びに係るお話です。

言わずもがなキャンプ道具は高額なものが多く、特にテントはいい値段します。

せっかく買うのであれば、多く、長く使いたいと誰もが考えるでしょうし、その分選ぶときは悩みますよね。

そこで、失敗の少ない購入方法として提案したいのが、購入前にレンタルでキャンプをし、その後購入を検討するといった方法です。

方法としては、別段目新しさもありませんが、子連れキャンパーが道具をそろえる場合、特に重要なことだと思います。

なぜそう思うのか、理由をまとめていきます。

この記事が皆様のお役にたてば幸いです。

では、ご覧ください。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

購入前にレンタルでキャンプがおすすめな理由

購入前にレンタルがおすすめな理由をあげていきます。

その①:揃えるには費用が高額

ごっちゃり。たくさんの荷物。

購入前にレンタルでキャンプをおすすめする理由のひとつは、費用があります。

キャンプ場である程度快適に過ごすとなると、それなりの道具が必要になります。

子連れファミリーキャンプとなると大量です。

いきなり一式揃えるにはかなりの費用がかかります。

キャンプに必要な道具を購入するとかかる費用

しっかりとしたキャンプブランドのエントリーモデルなどで道具をそろえていくと、部分部分節約したとしても、おおよそ14万~かかってきます。

一度にそろえるにはやはり高額ですね。

内訳の詳細を知りたい方は、よろしければ過去記事をご覧ください。

その②:適切な道具を選ぶには、実体験があると確実

こちらも大切な理由です。

せっかく高額な道具を購入するなら、長く愛用したいものですし、それには、当然快適な道具を選ぶ必要があるでしょう。

そのためには、実体験をもとに検討する事が効果的です。

快適な道具を選ぶコツは、使用環境をリアルに想像する事

快適な道具を選ぶには、使用環境をどれだけリアルに想像できるかにかかっていると思います。

アウトドアチェアで例えるなら、アウトドアチェアは座る道具でしょうが、「座り心地」のみが「快適さ」につながる要素ではありません。

使用する季節の気候的要素、収納や運搬について、一緒につかう周辺の道具(テーブルや焚火台など)との兼ね合いも考慮する必要があります。

過去の記事で、その体験をもとにまとめた記事がありますので、ご興味ある方はご覧ください。

使用状況をリアルに想像するには、体験が一番

リアルな想像のためには、何より実体験が一番ではないでしょうか。

キャンプブログや口コミなどと、普段の家族の様子をもとに想像をめぐらす事もできますでしょうが、実際の体験に勝るものはありません。

実体験があれば、断然リアルに家族でのキャンプの様子を想像できると思います。

キャンプ場はリアルな展示場

キャンプ場はリアルな展示場みたいな場所です。

かっこいいテントや快適そうなテント、個性的な道具などがいろいろと目に入ってきます。

もちろんジロジロと見回る事はできませんが、購入前の良い情報収集になると思います。

その③:荷物の量や大きさがわかり、保管についてのイメージがつく

こちらも、購入前にレンタルがおすすめな理由です。

キャンプ道具は購入すると、それなりの保管スペースが必要になります。

子連れファミリーキャンプとなると、荷物の量は大量です。

また外で使用する道具類であり、焚火やBBQ、蚊取り線香など煙の臭いもつくため、室内保管となると、汚れやにおいなど、室内環境への影響も懸念されます。

購入前に収納した大きさや荷物の総量などが体験できると、保管のイメージもつくと思います。

その④:一度きりのキャンプになっても大丈夫

こちらの理由は子連れならではでしょう。

子供の反応は予測がつきません。

虫が怖かったり、夜が怖かったり、火傷や怪我をしてしまったりと、「もう行きたくない」となり得る要素は色々とあります。

買いそろえてしまった場合は、なんとも身も凍りそうな恐ろしい事態ですが、レンタルならへいちゃらですね( *´艸`)

レンタルするツール

というわけで、購入前にまずはレンタルでキャンプという重要性について説明しました。

では、レンタルの方法について御紹介します。

ネットでレンタル

インターネットでキャンプ道具のレンタル手続きができます。

ネットレンタルの良い点は、選べる商品が豊富で、定番ブランドの人気テントなどが借りれますし、キャンプ場現地で受け取って、現地で返却することができる場合もあるので、運搬の必要ない場合もあります。

機能性に定評のあるテントなら、快適に過ごせるでしょうし、今後購入を検討するうえでも、良い検討材料にもなると思います。

手ぶらキャンプを楽しむ【hinataレンタル】



キャンプ場でレンタル

キャンプ場でもレンタル製品を扱っている場所があります。

キャンプ場でのレンタルで良い点は、ネットなどに比べ、かなり安価な印象です。

高規格キャンプ場では、一式レンタルできる場所もあり、手ぶらでのキャンプも可能です。

キャンプ場でレンタルの場合は、一式レンタルできるキャンプ場は限られるのと、製品の選択肢があまりないという面もあります。

また、現在のコロナ感染予防の観点で、レンタルを制限しているキャンプ場もあるので、確認が必要です。

参考までに、我が家が訪れた事のあるキャンプ場のレンタル品のリンクを貼っておきます。

※外部リンク⇒大子広域公園グリンヴィラオートキャンプ場でのレンタル

※外部リンク⇒ルーラル・吉瀬フォンテーヌの森のレンタル

※外部リンク⇒メープル那須高原キャンプグランドのレンタル

まとめ

いかがでしたでしょうか。

子連れキャンプをはじめるために道具を選ぶなら、まずはレンタルでキャンプをするのがオススメというお話でした。

経験も少ない状態で使用状況を想像しようにも、なかなか具体的にはいかないでしょうし、子連れでは特に、子供たちの反応の予測がつかないという事もあります。

我が家も、いざキャンプをしてみて、色々と気づいた面が多くありましたし、もったいないけども買い替えた製品もあります( ;∀;)

高額な製品も多く、長く使える製品を選ぶにはやはり実際の体験から得るものは多いと思いますし、そのうえでレンタルという方法は便利な方法だと思います。

以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が皆様のお役にたちましら幸いです。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました