スポンサーリンク

初めての子連れキャンプにむけて、日程調整のポイントやキャンプ場予約方法について

【体験談や雑記】

こんにちは(*´▽`*)

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

さて、今回は、これから子連れでファミリーキャンプをはじめる方にむけて、日程調整のポイントやキャンプ場の予約方法について解説します。

我が家はおおむね月一回の頻度でキャンプに行きます。

なるべくまだ行ったことのないキャンプ場に行きたくて、北関東中心に転々とキャンプ場をめぐってます。

欠かさず毎月いけるようにするうえで、我が家が実践している方法をこちらの記事でまとめています。

これから子連れファミリーキャンプをはじめようと思いたった方々の一助になりましたら幸いです。

よろしければ最後までご覧ください。

初めての子連れキャンプにむけて、日程調整のポイントやキャンプ場予約方法について

それでは、まずは日程調整の際に気を付けているポイントについて、見ていきましょう。

日程調整は余裕をもって

日程調整については、当然ながら早めに余裕を持って調整しておくと安心です。

主観的には、3~4か月前から行きたいキャンプ場などを考えておいて調べておくと余裕がもてます。

だいぶ早く感じるかと思いますが、主な理由は二つあります。

→目次に戻る

人気シーズン、人気キャンプ場は予約がとりにくい

いわゆるキャンプシーズンとされる春~秋や、連休などの込み合う時期になると、当然キャンプ場の予約が取りにくくなります。

子連れであったり、初心者でも安心できる様な設備がしっかりと整ったキャンプ場は、人気もあるので、予約は早めに埋まってしまいます。

キャンプ場の予約開始日は、宿泊希望月の3か月前の1日からや、2か月前など色々ですが、3か月前からの予約開始が多いように感じます。

行きたいキャンプ場があれば、予約開始日など早めにチェックしておくことをおすすめします。

すべきゃん
すべきゃん

早目に予約開始日をチェックしておきましょう

→目次に戻る

雨など気象条件の影響を想定しておく

雨が降るとキャンプの手間は増える・・・

もう一つの理由は天候です。

アウトドアなので、快適に過ごせるかどうか、天候に大きく影響をうけます。

雨キャンプは、レインウェアや長靴、着替えなどの追加の道具も必要ですし、テントの設営や撤収作業も通常とは異なり大変です。

また、雨風をきちんとしのげる装備でない場合、子供たちには過酷なキャンプになってしまいます。

すべきゃん
すべきゃん

雨キャンプは片付けも大変・・・

予約した日の天候がいまいちという事は良く経験する事で、せっかく家族で調整した日がキャンセルとなると、がっかりでしょう。

対策としては、【予備日をあらかじめ用意しておく】、【梅雨時や台風の時期など降雨量の多い時期は避ける】などがあると思います。

他にも、初回というところであれば、キャンプ場のコテージ泊なども選択肢になろうかと思います。

キャンプ場のコテージなど
すべきゃん
すべきゃん

屋根付きだから天候の心配はいりませんね

というわけで、悪天候を想定した対策を講じるにも、早めの動き出しが有効になると思います。

続いて、キャンプ場の予約方法についてご紹介します。

→目次に戻る

キャンプ場の予約方法について

予約する方法について、我が家が実践している方法をご紹介します。

キャンプ場の予約方法は、主にインターネット予約や電話予約です。

希望のキャンプ場がすでにあれば、そちらのキャンプ場HPを検索して、電話してしまえば早いと思いますが、それ以外の方法をご紹介します。

Google mapを使用

ひとつはgooglemapを活用しています。

googlemapで、「キャンプ場」と検索すると、行きたい地域周辺のキャンプ場がごっそり見つかります。

そこから、それぞれのHPへアクセスし、キャンプ場の様子や口コミの確認、予約方法などを確認して予約するという方法です。

多くのキャンプ場がヒットするので、とても便利ですし、自宅からの距離感や移動ルートもあわせてわかるので、重宝しています。

すべきゃん
すべきゃん

キャンプ場がこんなにたくさん!!

ただ、弱点としましては、どんなキャンプ場か、希望の日程で予約がとれるか、ひとつひとつ調べるのに時間がかかるという点があります。

→目次に戻る

キャンプ場検索・予約サイトを活用

出典:なっぷHP

もうひとつは、キャンプ場検索・予約サイトの活用です。

我が家は【なっぷ】を良く活用しています。

【なっぷ】は日本最大級のキャンプ場検索・予約サイトで、キャンプ場掲載数、口コミ数がNo.1です。

希望の日程で予約が開いているかも一括検索してくれるので、googleマップでひとつひとつ検索していくよりも早く検索ができます。

すべきゃん
すべきゃん

目当てのキャンプ場が探しやすくて便利

個人的になっぷを利用していて、便利に感じるのは、キャンセル発生通知機能です。

希望の日の予約でいっぱいでも、キャンセル待ちとして登録しておくと、キャンセルが発生した際に登録したメールアドレスに通知してくれます。

我が家もキャンセル発生通知のおかげで、何度か助かったことがあります。

リンクを貼りますので、ご興味があればご覧ください。

→目次に戻る

あきらめず直前のキャンセルを狙う

どこも予約がとれなくても、まだあきらめるには早いです。

直前までチャンスは残っています。

主観にすぎませんが、キャンプ場は結構な頻度でキャンセルが発生します。

すべきゃん
すべきゃん

なんだかんだ結構いけます

特に、キャンセルが発生するのは、キャンセル料金が発生する期日が多いでしょうが、当日キャンセルもありえます。

キャンプ場毎にキャンセル料金が発生する期限が異なり、予約日の2週間前や1週間前、3日前など様々ですが、希望のキャンプ場の期日を確認しておき、そのタイミングで電話してみるのも良い方法です。

→目次に戻る

まとめ

いかがでしたでしょうか。

初めてのキャンプに向けて、日程調整のポイントやキャンプ場予約方法についてご紹介しました。

早め早めと申してますが、当然そうでないといけないわけでもありません。

キャンプ場はたくさんありますし、急に思いたったとしても、どこかしらのキャンプ場には予約がとれると思います。

ですが、慣れないキャンプで、しかも子連れとなると、やはり設備の整ったキャンプ場が安心ですし、設備の整ったキャンプ場は人気です。

GWや連休などはなおさらでしょう。

初めてのファミリーキャンプを皆で快適に過ごすためにも、早め早めに準備を始めてみてはいかがでしょうか。

以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

記事の内容が皆様のお役に立ちましたら幸いです。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました