スポンサーリンク

DOD【わがやのシュラフ】氷点下の雪中ファミリーキャンプでの使用状況と感想について

【キャンプギア紹介】

こんにちは(*´▽`*)

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

今回の記事は、我が家の【わがやのシュラフ】に関する記事です。

キャンプ開始当初から我が家はずっとこちらのシュラフを使用しています。

家族4人分が一つで済むため、収納も楽で、用意も撤収も簡単、さらに経済的といった優れもので、お気に入りのキャンプギアです。

製品仕様や、オススメな点、注意点については過去記事でも紹介しています。

【わがやのシュラフ】は、スリーシーズンが適したスペックなため、冬場は寒さ対策のための追加装備を要しますし、正直寒いと感じる部分もあります。

こちらの記事では、我が家が行っている追加装備についてと、使用感想をまとめています。

ご覧いただければ、冬季の氷点下で【わがやのシュラフ】を使用するとどんな感じになるかがお分かりいただけるかと思います。

よろしければ最後までご覧ください。

この記事が皆様のお役にたちましたら幸いです。

【わがやのシュラフ】氷点下・雪中キャンプでの我が家の使用状況

先日の雪中キャンプでは、最も冷え込んだ時間の外気温は-7度にまで下がりました。

【わがやのシュラフ】でもなんとか生還どころか、子供たちは熟睡できていたため、どんな状況で使用したのかをご紹介します。

わがやのシュラフの基本仕様

DODのわがやのシュラフ

我が家のシュラフの基本仕様について、まずはおさらいしておきましょう。

サイズ約)横230cm×縦200cm
収納サイズ約)横66cm×直径36cm
重量約)4.8kg
材質外表面:ポリエステル
内側表面:コットン100%
中綿:ホローファイバー(中空糸)
推奨使用温度5度~

家族4人がまとめて寝ることができる、大型のシュラフです。

4人分のシュラフが一つで済むため、設営や撤収の時間が大幅に短縮されるだけでなく、収納面にも利点があります。

さらに一つ分のお値段で済む分、非常に経済的とも言えますね。

推奨使用温度は5度以上とされており、主に春夏秋のスリーシーズン使用が適当なスペックです。

冬季や雪中キャンプ時に追加している装備

さて、そんな【わがやのシュラフ】ですが、高価な冬用シュラフ購入に躊躇している我が家は、通年こちらのシュラフでなんとか過ごそうとしています。

実際、氷点下7度まで冷え込むような雪中キャンプでも使用しています。

当然追加の防寒対策を講じていますので、どんな防寒対策を講じているかご紹介します。

防水グランドシート

防水グランドシート

これは雪中時や雨天時ですが、インナーテントに水がしみてこない様に、防水仕様のグランドシートを敷いています。

これを敷いていれば、雪中でも雨でも水が浸みてくることはありません。

この上にインナーテントを設置します。

ユタカメイク #3000 ODグリーンシート

銀マットやエアマットなど断熱マット達

インナーテントの中には、テントマット以外に断熱を目的として、厚みのある銀マットとエアマットを敷いています。

銀マット200×250cm

マット類の断熱性はそれぞれに異なりますが、断熱性は足し算することができるため、重ねて使用することにより効果を高める事ができます。

エアマットを敷く

特に、空気はとても断熱性が高く、空気を多く含むインフレータブルマットや、エアマットは底冷えを防ぐために有効です。

Naturehike 超軽量エアウェーブマット 6.5cm エアーマット キャンピングマット 2人用

エアマットについては過去記事でも紹介していますので、詳細知りたい方はこちらもどうぞ。

冬季はAC電源付きサイトで、電気敷毛布を使用

エアマットの上にシュラフを広げ、シュラフの中には電気毛布を敷きます。

電気敷毛布を使用するため、冬場はいつもAC電源付きサイトを利用します。

電気敷毛布があるおかげで、スペック不足の部分を大きく補えます。

我が家のシュラフが250cm×200cmのサイズなので、わがやでは150cm×100cmサイズと150cm×140cmサイズの二つの敷タイプ電気毛布を使用しています。

中途半端なサイズの理由は、電気毛布がもともと家にあったヒーター付き足入れマットだからですが、シュラフの8割くらいは覆えます。

コード類については、シュラフ中央足元に、両側に開いていくジッパーの起点部分があり、両側間の隙間から出すことができます。

足元からコードを外に出した後、外から引いてきたコンセントにつなげます。

電気敷毛布が、スペックを補う主力装備です。

アイリスオーヤマ 【丸洗いOK】 電気敷き毛布

足元には湯たんぽ

湯たんぽ

身長が高いと、足元がシュラフのジッパー付近まで足が到達してしまいます。

電気毛布も床面すべてをカバーできるわけではないので、ジッパーなどのつなぎ目付近は特に、冷たくなりやすいです。

大人の足元周辺に湯たんぽを置いておくと安心です。

湯たんぽは金属製が直火で温められるので便利ですが、火傷しないようにグローブの使用と、熱している際にふきこぼしに注意が必要です。

マルカ 湯たんぽ

シュラフをレイヤリング

シュラフをレイヤリング

ダブルサイズの封筒型シュラフを開いて、掛け布団にして使用しています。

こちらのシュラフを購入するまでは、自宅から毛布や布団やらを追加で持ち運んでいましたが、シュラフが安売りしているのを機にシュラフのレイヤリングに切り替えました。

-2度までの対応のシュラフをレイヤリングして使用しています。

GGNカーシュラフ

テントスカートをピタッと固定し、隙間風防止

寝室内の対策ではありませんが、こちらも大変重要な対策です。

冬場の隙間風はかなり冷え込みます。

スカート用のショートペグなどで、スカート部分をきちっと固定しておくと、テント内の冷え込みを抑えてくれます。

アルミスカートペグセット

我が家のテントは、Colemanタフスクリーン2ルームハウス+です。

寝室側にはスカートがないため、自作したスカートをクリップで固定して装着しています。

冷え込みがかなり違うので、冬場は必ず使用するようにしています。

ショートペグやDIYスカートの過去記事もありますので、よければご覧ください。

ブランケットやネックウォーマー

わがやのシュラフは封筒型です。

マミー型と異なり、通常の布団のように肩や頭が出やすいため、氷点下の様な外気温だと、とても寒く感じます。

寒さが厳しい時は、シュラフから出てしまうところをカバーするために、ブランケットやネックウォーマーも活躍しています。

シュラフを引き上げればよいとお思いでしょうが、これはわがやのシュラフの弱点で、後述します。

【わがやのシュラフ】氷点下・雪中キャンプでの使用感想

この様な追加装備で、雪中キャンプを過ごしたわけです。

就寝時の服装は、わたくし自身はトップスはアンダーウェアの上にシャツとフリース、ボトムスは起毛のクライミングパンツとメリノウールの靴下という、比較的薄着の服装でしたが、寒がりな妻はインナーに着るような薄手のダウンジャケットを着て、ネックウォーマーをして就寝していました。

息子と娘は、下着の上に長袖の冬用パジャマといういでたちで、最も軽装でした。

当然といえば当然ですが、良い点ばかりではありませんwww

感想をご紹介します。

良かった点

まずは良かった点です。

あくまで我が家の場合ですが・・・

家族皆眠れている

子供たちも寒くて起きる事なく、朝まで寝れていました。

無事に良く寝れていた点が良い点です。

これにつきます。

大分節約できた

これはあくまで我が家の場合ですが、家族4人分の冬用シュラフを用意するよりは節約になりました。

追加装備で色々とあげましたが、エアマットは通年利用していますし、主に冬場のシュラフのスペックを補う装備としては、銀マット、電気敷毛布と重ねるシュラフです。

追加のシュラフはSALEで¥4,000円ほどでしたし、銀マットは¥2,500円、電気敷毛布はもともと家にあったものなので、家族4人分の冬用シュラフをあらためて購入するよりは、かなり節約できました。

注意点

続いては注意点です。

当然推奨使用温度を大きく下回っているので、追加装備をしたとは言え、寒く感じる要素はたぶんにあります。

外気温が―7度ほどの氷点下となるとなおさらです。

寒かった感想をご紹介します。

お互いの動きの影響が大きい

わがやのシュラフは、4人が一つのシュラフで寝るため、お互いの寝相により、布団が引っ張られたりしやすいです。

暖かい時期ならさほど気になりませんが、外気温が氷点下とめちゃ寒い時期は、テント内もめちゃくちゃ冷え込みます。

そのため、布団から体が出てしまうと、めちゃくちゃ寒く感じます。

みんなの顔が綺麗に横一列に並ぶわけではなく、子供は下に潜り込んだり、横になったりと結構動きます。

するとシュラフが引っ張られて、特に大人の肩部分がやすくなります。氷点下の様な気温では肩がでると、一層寒く感じます。

外気温が低いため、頭と肩、隙間が寒い

写真は隙間のイメージ

そもそも封筒型の寝袋なので、マミー型シュラフの様に、頭も肩も包み込むような密閉性がありません。

さらには、一人用ならまだ隙間も少なく済みますが、4人用の封筒型となると、隙間があきやすくなります。

コールマン(Coleman) 寝袋 マルチレイヤースリーピングバッグ

寝返りや体制によって、隙間ができると、冷たい外気が入り込んできて、ひんやり感じる事があります。

寒がりな人はやや厚着をしたり、ネックウオーマーやブランケットなどを用いて、シュラフとの隙間を埋めるなど工夫が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

氷点下・雪中ファミリーキャンプでの【わがやのシュラフ】の使用感想をまとめました。

当たり前といえば当たり前ですが、重ねる布団や電気式毛布の様な暖房器具をもちこめば、なんとかなりますねwww

暑い・寒いは個人差があるところですし、今回はあくまで我が家の場合のご紹介ですが、わがやのシュラフを利用されている方々の参考になりましたら幸いです。

【DOD】わがやのシュラフ

以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

その他にも雪中キャンプの対策の記事をまとめています。

よければそちらもご覧ください。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました