DOD「わがやのシュラフ」をレビュー!子連れファミキャンで3年使った感想を紹介

こんにちは。

ファミリ―キャンプ大好きすべきゃん()です。

さて、小さい子供をつれてキャンプをするのに、どんなシュラフが良いのかお悩みの方もいらっしゃるかと思います。

そんな方々の疑問解消を目的に、子連れファミリーキャンパーにおすすめのシュラフ「DOD わがやのシュラフ」について3年間使用したわがやの体験をもとにレビューを紹介します。

よめきゃん

3年間大活躍だったね

すべきゃん

くわしく紹介するよ

洒落みたいなネーミングが特徴的なシュラフ「DOD わがやのシュラフ」は、こんな方々におすすめのシュラフです。

わがやのシュラフがおすすめな方

・小さい子供と添い寝できるシュラフが欲しい方
・シュラフを安く揃えたい方
・設営、撤収が超簡単なシュラフを探している方

おすすめする理由は製品の特長にあり、大人4人が寝れる大型シュラフという独特なシュラフで、家族分のシュラフが一つで済みます。

大型シュラフとはいえ用意や撤収も1分とかからずとても簡単ですし、お値段も定価が¥11,320と同スペックの寝袋を4人分揃えるよりは安価です。

出典:DOD

こども連れファミリーキャンプは荷物も多く、とにかく忙しくなりがちで、せっかくのキャンプでもイライラする事もあります。

わがやのシュラフ】はそんな忙しいファミリ―キャンプの時短やストレス軽減に大きく貢献してくれるシュラフです。

本記事では、そんな【わがやのシュラフ】をオールシーズン通して3年間使用してきたわがやの体験をもとに、メリットやデメリットなど詳しく紹介します。

よければ参考にしてみてください。

わがやのシュラフ
メリットデメリット
1.設営と片付けが簡単。4人分が一つで完了
2.とても経済的
3.ファミリー用テントにちょうど良いサイズ
4.子どもも添い寝で安心
5.丸洗い可能でいつも清潔
6.工夫をすればオールシーズン使える
1.お互いの動きが影響しやすい
2.個別の温度調整が難しい
3.封筒型で肩回りや頭まわりが寒い
目次(タップできる目次)

DOD「わがやのシュラフ」の概要

出典:DOD

まずは、スペックや特徴など、我が家の【わがやのシュラフ】の概要から見ていきましょう。

↑目次に戻る

わがやのシュラフの基本スペック

基本スペックはこちらです。

サイズ約)横230cm×縦200cm
収納サイズ約)横66cm×直径36cm
重量約)4.8kg
材質外表面:ポリエステル
内側表面:コットン100%
中綿:ホローファイバー(中空糸)
推奨使用温度5度~
参考価格¥11,320(2023年4月時点)

JIS規格では、テントで大人が寝るサイズは横55cm~縦180cmが基準とされています。

わがやのシュラフ】は横幅が230cmと4人分をやや上回る幅があります。

出典:DOD

収納サイズはそれなりの大きさになりますが、大きさにしては5Kg弱と重さはあまり気になりません。

中綿の素材はホローファイバーでDOD発表の使用推奨温度は5度以上とされており、主にスリーシーズン(春・夏・秋)の使用が適切です。

続いて製品の特徴をみていきましょう。

↑目次に戻る

わがやのシュラフの特徴

わがやのシュラフの特徴はこちらの6つです。

それぞれを詳しく見ていきましょう。

↑目次に戻る

1.家族4人が眠れる大型サイズ

出典:DOD

この商品の最大の特徴ともいえるでしょう。

幅230cm×長さ200cmの大型サイズのシュラフです。

大人4人も並んで眠れる幅で、子供2人との家族4人なら余裕があるサイズ感です。

すべきゃん

家族4人で添い寝ができます

続いても特徴的です。

↑目次に戻る

2.設営、片付け40秒!家族分がひとつで済む。

大型シュラフながら、設営や片付けがとても簡単です。

設営は出して開くだけなので、30秒とかかりませんし、片付けも1分以内に可能です。

シュラフと収納用の袋が一体型な点も特徴てきです。

通常シュラフの様に、丸めた後に袋につめる作業がありません。

丸めた後は、カバー部分をかぶせてベルトバックルで止め、コンプレッションベルトで圧縮します。

手順が簡単ですし、収納しやすい構造がとても優れています。

端のジップを閉めて完了
すべきゃん

家族4人分ひとまとめなので、とても時短になります。

続いては性能面です。

↑目次に戻る

3.3シーズン対応・使用推奨温度は5度以上

中綿にはホローファイバーを使用。軽く、暖かい素材です。

推奨使用温度は5度~で、春・夏・秋の3シーズン対応のものです。

↑目次に戻る

4.表シャカシャカ、裏やわらか

外側表面素材は撥水性のあるポリエステルを使用しており、結露など寝袋が濡れてしまうことを防ぎます。

かわって裏地素材は肌さわりの良いコットン100%で、やわらかい肌さわりです。

シャカシャカした冷たい肌さわりではなく、あたたかみのある柔らかい肌さわりで心地よいです。

すべきゃん

内側の肌さわりも寝心地に影響しますよね。

機能面ではこんな特徴もあります。

↑目次に戻る

5.2人用寝袋×2個に分解可能

出典:DOD

上部分と下部分を分け、それぞれの側面をファスナーで閉じる事で、2人用寝袋としても使用可能です。

二つに分割すると、横幅はおおむね110cmです。

続いて、ファミリーキャンパーにとってうれしい特徴です。

↑目次に戻る

6.洗濯機で丸洗い可能

出典:DOD

洗濯機で丸洗いが可能です。

洗濯表示は、30度を限度とし、洗濯機で非常に弱い洗濯ができます。

汚れがついたり、夏場汗をたくさんかいた時などでも、自宅の洗濯機やコインランドリーなどでさっぱりと洗うことができます。

わがやのシュラフ
メリットデメリット
1.設営と片付けが簡単。4人分が一つで完了
2.とても経済的
3.ファミリー用テントにちょうど良いサイズ
4.子どもも添い寝で安心
5.丸洗い可能でいつも清潔
6.工夫をすればオールシーズン使える
1.お互いの動きが影響しやすい
2.個別の温度調整が難しい
3.封筒型で肩回りや頭まわりが寒い

続いて、わがやが実際のキャンプ使用した感想をもとにレビューをご紹介します。

スリーシーズン対応のシュラフながら、わがやは工夫しつつオールシーズン使っており、3年間ほど使用しています。

使用していた感じた点を詳しく紹介します。

↑目次に戻る

DOD「わがやのシュラフ」のレビュー

長年使用してみた結論としては、【わがやのシュラフ】は子連れファミリーキャンプをされる方にはおすすめできるシュラフだと思います。

我が家が感じたメリット・デメリットを紹介します。

↑目次に戻る

使ってみて感じたデメリット

まずはデメリット(購入前に注意しておいた方が良い点)はこちらの3点です。

とてもおすすめな商品ですが、無敵ではないので、購入前に知っておいた方が良い点をご紹介します。

まずはこちらです。

↑目次に戻る

1.お互いの動きが影響しやすい

皆の寝相のせいで、ごちゃごちゃになります・・・

上下一枚の布団を皆で共有するため、お互いの体の動きが影響しやすいです。

就寝後にトイレなどでシュラフから出入りする時など、子供を起こさない様に気を遣いますし、それぞれの寝相の影響をダイレクトにうけます。

寝相は個人差がありますし、ご家庭の状況によっては窮屈に感じる事もあると思います。

すべきゃん

子供の寝相で窮屈に感じることもあります

続いても重要な注意点です。

↑目次に戻る

2.個別の温度調整は難しい

こちらも、動きや寝相と通ずる部分ですが4人まとめて寝るため、暑がり寒がりと個別調整が難しいところがあります。

端側に寝ればジッパーを開閉して調整ができますが、真ん中に寝た場合は調整が難しいです。

家族の特徴にあわせて寝る場所も工夫が必要です。

続いても重要な注意点です。

↑目次に戻る

3.封筒型で秋や冬は肩回りが寒い

※イメージ写真

【マミー型】のシュラフとは異なり【封筒型のシュラフ】のため肩回りや首周りがあいてしまいます。

さらに4人用というところで、誰かの動きでシュラフが引っ張られると、肩回りが大きく空いてしまうことがあります。

スリーシーズンとはいえ晩秋や早春など朝晩がまだ寒い時期は、大きく空いた肩回りから冷気が入ってきて寒く感じる時があります。

すべきゃん

寒いときは肩まわりがスース―します

解消する方法としては、2人用シュラフ×2個として使用すれば4人で使用するよりは肩まわりが空きにくくなりますし、衣類で調整も可能です。

わがやの場合は主に衣類やブランケットなどで調整しています。

以上のような注意点はありますが、それ以上にオススメできる点が多いシュラフです。

↑目次に戻る

使ってみて感じたメリット

わがやのシュラフ】のメリットはこちらの6つです。

ひとつずつ詳しく紹介していきます。

↑目次に戻る

1.設営と片付けが簡単。4人分が一つで完了

横幅66cm

とにかく設営と片付けがとても簡単です。

家族全員分の寝袋が、設営・片付けともにまとめてできるので大いに時短になりますし、作業も楽でストレスが少ないです。

設営は、30秒ほどでできますし、片付け作業も1分とかかりません。

4人分なので、大きさはありますが、大きさの割には重さは5kg弱ですので、運搬も楽です。

忙しく荷物の多いファミリーキャンパーにとっては、設営と片付けが簡単なのはとてもうれしいポイントです。

すべきゃん

とても助かります

続いてはこちらです。

↑目次に戻る

2.とても経済的。4人分がひとつで済む

4人分のシュラフが一つで済むのでひとつひとつ購入するより経済的です。

定価は現在¥11,320(DOD公式の参考価格)で、同程度のスペックを備えたシュラフを4人分購入するより安く済みます。

次のような点もおすすめです。

↑目次に戻る

3.ファミリー用テントのインナーテントにちょうど良いサイズ

コールマン2ルームハウスのインナーテントの幅はわがやのシュラフともう一つシュラフを敷けるくらい

シュラフのサイズは、幅230cm×長さ200cmで、4人用テント~5人用のインナーテントにピッタリと入るサイズです。

ファミリーサイズ4人用や5人用のインナーテントフロアにピタリと入り、サイドに荷物をおくスペースができる、ちょうど良いサイズ感です。

続いてのメリットです。

↑目次に戻る

4.子供と添い寝ができる

子供と一緒にごちゃっと寝れますwww

大人4人が並んで寝れるサイズなので、子供と4人だと広さとしては余裕があります

子供と添い寝できるので、小さい子供は安心できると思います。

キャンプで家族で添い寝というのも、家族がより仲良く団らんするのにも効果的だと思います。

すべきゃん

特別な時間になりますよ

続いて、お手入れも簡単です。

↑目次に戻る

5.丸洗い可能でいつも清潔

パンパン

自宅で丸洗いが可能で清潔に使えます。

洗い方は洗濯表示に従って洗うだけ(※30度を限度とし、洗濯機で非常に弱い洗濯ができる)ですが、大きいため洗濯機の容量はそれなりに必要です。

わがやは10kg容量の洗濯機で洗濯しましたが、シュラフを上下でセパレートした状態で、2回にわける必要はありました。

洗濯後は布団を干すのと同じ要領で干せばOKです。

続いては、個人的にはメリットとして感じている点として、オールシーズン利用できるという点についてご紹介します。

すべきゃん

我が家の体験をもとにご紹介します

↑目次に戻る

6.工夫をすればオールシーズン使える。(※電源や敷物、掛物の追加が必要)

電気毛布を敷く

電気毛布などの追加装備を活用して、オールシーズンで使うことができます。

メーカー推奨温度は5度以上で春~秋が丁度良いシュラフなので、当然そのままでは冬の使用には向きません。

そんなシュラフですが、スペックを補う工夫をすれば氷点下の気温でもそのまま使えるため、わがやではオールシーズン活用しています。

すべきゃん

氷点下7度の中でもなんとかなりました

ただし、きちんとスペックを補う追加装備が必要です。

わがやでは底冷えを防ぐエアマットや電気毛布、掛け布団としてのシュラフを追加しています。

わがやのシュラフは一枚の広い敷布団になるため、電気毛布が敷きやすくスペックアップの工夫がしやすい点も魅力的です。

電源付きサイトを利用して電気毛布を活用すればスペック不足をかなり補えます。

そこまで厳しい冷え込みがない時期などで、あらためて4人分の冬用シュラフの購入に躊躇されている方にはおすすめの方法だと思います。

あくまでわがやの体験談ですが、氷点下雪中キャンプで使用した時の様子を記事にまとめていますので、よければこちらもご覧ください。

そんなわけでメリット・デメリットを紹介しましたが、特に優れている点は「添い寝ができる」という点と「設営・撤収が簡単」という点「経済的」という点だと思います。

節約大好きな忙しい子供連れキャンパーにぴったりのシュラフだと思います。

すべきゃん

節約したい子連れキャンパーにピッタリ

わがやのシュラフ
メリットデメリット
1.設営と片付けが簡単。4人分が一つで完了
2.とても経済的
3.ファミリー用テントにちょうど良いサイズ
4.子どもも添い寝で安心
5.丸洗い可能でいつも清潔
6.工夫をすればオールシーズン使える
1.お互いの動きが影響しやすい
2.個別の温度調整が難しい
3.封筒型で肩回りや頭まわりが寒い

続いてはレビューをもとにわがやのシュラフをおすすめしたい方々を紹介します。

↑目次に戻る

DOD「わがやのシュラフ」はこんな方におすすめ

わがやもおすすめなわやなのシュラフはこんな方々におすすめしたいシュラフです。

↑目次に戻る

1.小さい子供と添い寝できるシュラフが欲しい方

小さい子供をつれていて、一人でシュラフで寝かせるには心配だという方におすすめです。

子供にあったサイズのシュラフは種類も少ないためみんなで添い寝でも十分だと感じています。

続いてこんな方にもおすすめです。

↑目次に戻る

2.家族分のシュラフを安く揃えたい方

4人分のシュラフがひとつで済むため経済的です。

使用推奨温度を下回る様な時期にキャンプをしないのであれば、これだけあれば快適に寝ることができます。(寒がりさんは衣類で調整すれば大丈夫)

続いてはこんな方にもおすすめです。

↑目次に戻る

3.設営・撤収作業が超簡単なシュラフが欲しい方

広げたり、片付けたりがとても簡単です。

設営や撤収が忙しいファミリーキャンプですが、「時短したい」「設営ストレスを少しでも軽減したい」とい方におすすめのシュラフです。

わがやのシュラフ
メリットデメリット
1.設営と片付けが簡単。4人分が一つで完了
2.とても経済的
3.ファミリー用テントにちょうど良いサイズ
4.子どもも添い寝で安心
5.丸洗い可能でいつも清潔
6.工夫をすればオールシーズン使える
1.お互いの動きが影響しやすい
2.個別の温度調整が難しい
3.封筒型で肩回りや頭まわりが寒い

続いて【わがやのシュラフ】の口コミや評判についてみていきましょう。

↑目次に戻る

DOD「わがやのシュラフ」の口コミや評判

わがやのレビュー以外にも、使用者の評判を見ていきましょう。

まずは良い口コミと評判から紹介します。

↑目次に戻る

良い口コミと評判

https://twitter.com/ichiii_522/status/1553578673563127808?s=20

設営・撤収の手軽さについての評判だけでなく、寝心地の良さも良い評価が多くみられました。

続いてネガティブな内容の評判をみていきましょう。

↑目次に戻る

悪い口コミと評判

https://twitter.com/Gennama_CAMP/status/1540226324429938688?s=20

極端にネガティブな口コミなどはありませんでしたが、4人分がひとつというところで、収納サイズについてのネガティブな口コミがみられました。

とはいえ、大きさについては同じスペックのシュラフを4人分用意するよりはコンパクトに収まっていると思います。

同じ暖かさでコンパクトなシュラフとなると、中綿が「ダウン」になり値段が高価になっていくので、大きさはある程度仕方がないところだと思います。

すべきゃん

ダウンシュラフはお値段が何倍もします

そんなわけで口コミ・評判について紹介しましたが、大きさはあるものの扱いが手軽で寝心地も良いシュラフという評判で、わがやのレビューと通ずる部分が多くありました。

口コミを見てみても、子供連れファミリーに是非おすすめしたいシュラフだと思います。

わがやのシュラフ
メリットデメリット
1.設営と片付けが簡単。4人分が一つで完了
2.とても経済的
3.ファミリー用テントにちょうど良いサイズ
4.子どもも添い寝で安心
5.丸洗い可能でいつも清潔
6.工夫をすればオールシーズン使える
1.お互いの動きが影響しやすい
2.個別の温度調整が難しい
3.封筒型で肩回りや頭まわりが寒い

続いては、競合製品との比較一覧表を紹介します。

↑目次に戻る

DOD「わがやのシュラフ」と競合製品との比較一覧表

ファミリ―キャンプ用のシュラフとして類似している製品との一覧表を紹介します。

※価格は2023年4月時点でネット上の最安値を参考

メーカー/
製品名
画像価格使用人数使用サイズ収納サイズ素材使用温度重量購入サイト
DOD
わがやの

シュラフ
¥10,4154人約230×200cm直径36×66cmポリエステル
コットン
推奨温度:5度約)4.8kg Amazon
楽天
コールマン
ファミリー
2in1 C5
¥8,1872人約168×190cm直径35×42cmポリエステル快適温度:5度約)3.7Kg Amazon
楽天
ロゴス
2in1・Wサイズ
丸洗い寝袋
¥10,7802人約150×185cm直径26×39cmが二つポリエステル適正温度:2度約)3Kg Amazon
楽天
ohuhu
2人用シュラフ
¥6,1922人約150×220cm直径28×49cmポリエステル快適温度:0~10度約)3.5Kg Amazon
楽天
キングキャンプ
2人用シュラフ
¥7,4802人約150×190/220cm直径30×51cmポリエステル快適温度:7~12度約)2.8Kg Amazon
楽天
クイックキャンプ
ダブルサイズシュラフ
¥5.9802人約150×190/220cm直径30×51cmポリエステル温度目安:10度約)3Kg Amazon
楽天

比較してみてみますと4人用シュラフというのは非常に特徴的なポイントです。

素材の面でも、他のシュラフは全般ポリエステルですが、わがやのシュラフは内側にコットンが使用されているのも特徴的です。

価格も面でも4人用がひとつですむため経済的で、節約したい子連れキャンパーやとりあえずシュラフを試してみたいという方にも手が出やすい価格ではないでしょうか。

すべきゃん

節約したい子連れキャンパーにピッタリ

わがやのシュラフ
メリットデメリット
1.設営と片付けが簡単。4人分が一つで完了
2.とても経済的
3.ファミリー用テントにちょうど良いサイズ
4.子どもも添い寝で安心
5.丸洗い可能でいつも清潔
6.工夫をすればオールシーズン使える
1.お互いの動きが影響しやすい
2.個別の温度調整が難しい
3.封筒型で肩回りや頭まわりが寒い

続いては【わがやのシュラフ】についてよくある質問とその回答を紹介します。

↑目次に戻る

DOD「わがやのシュラフ」についてよくある質問

よくある質問と回答を紹介します。

わがやのシュラフの洗い方は?

洗い方は洗濯表示に従って行います。

製品に記載されている洗濯表示は「30度を限度とし洗濯機で非常に弱い洗濯ができる」なので、洗濯機での洗浄は可能です。

ただ大きいため「10kgの容量の洗濯機」だと、シュラフを上下の二つに分けて洗浄する必要がありますし、いっぱいいっぱいの状態になります。

コインランドリーなど大きい容量の洗濯機の方がきれいに洗えると思います。

わがやのシュラフの適温は?

メーカーから発表されている使用推奨温度は5度以上です。

最低使用温度の記載はありませんが、経験上使用推奨温度を下回る環境では追加の防寒対策(断熱性の高いマットや衣類での調整、追加の掛布団)がないと厳しいです。

DODの最低使用温度測定方法

1. 実験室の温度を25℃にする。
2. 寝袋内の温度を人間の体温に近い37℃にする。
3. 部屋の温度を徐々に下げていく。
4. 寝袋内の温度が5℃以上に保たれている範囲を最低使用温度として設定する。

推奨使用温度は最低使用温度より高く設定されている。

わがやのシュラフの畳み方は?

三つ折りにして丸めて、シュラフに縫い付けてある収納バッグにおさめるだけです。

とても簡単で1分かかりません。

記事内でもたたみ方を紹介していますのでよければこちらをご覧ください。

<わがやのシュラフのたたみ方>

↑目次に戻る

DOD「わがやのシュラフ」のレビューまとめ

いかがでしたでしょうか。

4人家族が仲良く添い寝が可能な「DOD わがやのシュラフ」のレビューを紹介しました。

窮屈が嫌な方や家族内で快適温度の違いが大きい場合などは検討が必要だと思いますが、こども連れファミリーに大変おすすめのシュラフです。

すべきゃん

こんな方々にオススメのシュラフ
・子供と添い寝できるシュラフが欲しい方
・シュラフを安く揃えたい方
・設営、撤収が超簡単なシュラフを探している方

2020年~2022年などキャンプブームが広がった頃は品薄が続き転売価格なども3倍以上に高騰していましたが、現在は需給バランスが整ったようで定価で購入できるようです。

ファミリ―キャンプ用シュラフとして検討されてみてはいかがでしょうか。

わがやのシュラフ
メリットデメリット
1.設営と片付けが簡単。4人分が一つで完了
2.とても経済的
3.ファミリー用テントにちょうど良いサイズ
4.子どもも添い寝で安心
5.丸洗い可能でいつも清潔
6.工夫をすればオールシーズン使える
1.お互いの動きが影響しやすい
2.個別の温度調整が難しい
3.封筒型で肩回りや頭まわりが寒い

以上です。

他にもキャンプに必要な道具類をまとめて紹介しています。

よければこちらもご覧ください。

ご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

限定クーポン配布中!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次(タップできる目次)