スポンサーリンク

冬のメープル那須高原キャンプグランドで、雪中子連れファミリーキャンプ

【キャンプ場紹介】

こんにちは(*´▽`*)

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

さて、今回は先日訪れた冬のメープル那須高原キャンプグランドの様子についてご紹介します。

訪れた日はタイミングよく積雪がある時期で、キャンプ場一面が銀世界でした。

おかげさまで、初めての雪中キャンプを満喫できました。

記事の内容は、積雪時期のキャンプ場までの道路の様子や、キャンプ場内のサイトや設備、遊び場の様子がお分かりいただけるように、我が家の過ごした様子をもとに紹介します。

さすがの高規格キャンプ場です。スタッフさんも丁寧ですし、場内設備も充実しており、環境の厳しい中でも快適にすごせました。

ご興味ある方は是非最後までご覧ください。

こちらの記事が皆様のお役にたてば幸いです。

※降雪・積雪・気候状況は天候により異なります。記事でお伝えする様な状態が常ではないため、ご注意ください。

冬のメープル那須高原キャンプグランドの様子

管理棟

メープル那須高原キャンプグランドが位置するのは、リゾート地で有名な那須高原です。

降雪状況いよりますが、12月~3月の間は降雪・積雪が期待できる地域です。

また、こちらのキャンプ場は、設備が万全の高規格キャンプ場です。

我が家も何度か訪れたことがあり、道のりのイメージがつきやすいというところもあり、雪中キャンプ初挑戦の場所として、かっこうのキャンプ場という事でお邪魔させていただきました(*´▽`*)

道のりやキャンプ場の積雪状況をご紹介します。

積雪時のキャンプ場までの道のりについて

マップでは、最寄りの高速ICからキャンプ場までのルートが表示されています。

雪中キャンプで最初の難関は、キャンプ場までの道中だと思います。

普段非積雪地域に住んでると、緊張します・・・・。

結論から申し上げると、キャンプ場近くから、場内までは凍結や積雪があるため、冬用タイヤの装着に加え、チェーンもあると安心な道のりでした。

写真を交えてみていきます。

那須街道より手前5kmほど

まず、写真は那須街道より手前の位置ですが、那須IC出口付近も同様な様子です。

道路横にも積雪などなく、通常走行が可能でした。

那須街道【17号線】も、メープル那須高原キャンプ場やサファリパーク方面に左折するまでの間は、道路上の積雪は見当たらず、道の左右にやや積雪が見える程度でした。

ところが、那須街道を左折すると、一転、道路上にまで積雪や凍結が目立ちだします。

進むうちに徐々に積雪や凍結のあるところが多くなってきます。

日影になるところは凍結も強いです。

ところどころが、写真のような積雪状況の道をキャンプ場入口まで、3km(5分)ほど走ります。

日影は、凍結が強いため、走行には十分にご注意ください。

この看板を右折

こちらの看板を右折すると、右側にキャンプ場への入口が見えてきます。

チェーン脱着場に停車中

キャンプ場入口からは、【メープルロード】という林道を約1km走るため、入口付近にチェーン脱着場が用意されており、走行時の注意点も記載されています。

スタックの恐れがあるので、速度を緩めないようにと・・・緊張しますねwww

2輪駆動なんかだと、チェーンの装着が安心ですね。

メープルロード

メープルロードは、凹凸の多い林道で、勾配がきついところもあります。

速度を落としすぎないように、一気に駆け抜けます。

キャンプ場入口です。

1kmの林道を抜けると、キャンプ場の入口が見えてきます。

無事にたどり着くことができました(*´▽`*)

ホッとします。

ちなみに我が家の装備は、2輪駆動のファミリーカーで、オールシーズンタイヤと非金属性チェーンという装備でした。

キャンプ場内の様子について

管理棟

続いて場内の様子についてみていきましょう。

場内は一面に積雪があり、まさに銀世界です(*´▽`*)

憧れた雪中キャンプの風景で、テンションあがりますね。

管理棟

管理棟

管理棟にて受付を済ませます。

10時からのアーリーチェックインと15時までのレイトチェックアウトが無料で利用できて、さらにAC電源利用料無料キャンペーン中でした(*´▽`*)

今回の宿泊料金は、合計で¥7,000でした。

場内道路

管理棟からオートサイトへ向かう道

場内道路は、スタッフさんによって除雪されており、平らにならされていますが、運転に注意は必要です。

AC電源付きオートサイト

キャンプ場全体が積雪しており、オートサイトにも雪がつもっています。

雪が周囲に盛り上がっている分、いつもより手狭に感じますが、利用客が少なく、周辺に宿泊客がだれもいないため、解放感は抜群です(*´▽`*)

AC電源付きオートサイト

サイト上の積雪は数cm程度で、前泊者が過ごした後が残っていました。

雪かきせずに済むため、助かります。

ティピー型テントの様で、丸く地面が見えていました。

我が家はツールームでドーム型なので、もう少し雪かきが必要です。

雪を踏み固めて、平らにならします。

雪かき用のスコップを管理棟で借りる事ができるため、雪かきしたり、雪を踏み固めたりして、テントを建てる範囲をならします。

積雪は数cmあり、地面も凍っています。

長さのあるスチール製のペグとペグハンマーが必需品です。

プラスチックの組み合わせでは、ペグダウンは難しいでしょう。

我が家は通常時から30cmのスチールペグを使用していますが、そちらで充分でした。

凍っている分打ち込むのにいつもより多少力を要す程度です。

竹ペグも活躍

テントの足元に比べ、テントの周囲は積雪がやや多めです。

ペグが打ち込みにくいため、雪かきをしっかりして打ち込むか、積雪地でも使用できる竹ペグなども有効です。

どちらの場合でも、深く雪に埋もれてしまうと、翌日凍結して掘り出しが大変になりますので、取り出すときのことに留意してペグダウンしてください。

ついでに雪中設営時のコツとして、自在金具の位置をペグ側でなく、テント側にしておくと、ロープの調整が楽です。

数cm積雪しているため、スカート用のショートペグは固定力も弱そうですし、回収にも難渋しそうです。

雪をかけて、踏み固めてしまった方が、簡単にスカートの固定ができます。

冬季は山からの吹きおろしの風が強く吹く事があります。

我が家が訪れた日も風が強く吹いていました。

スカートの隙間風対策とともに、テントが飛ばされない様、しっかりとペグダウンしておくと安心です。

AC電源は防水タイプで

貸し出されるAC電源用のジャックは、2m程度で防水仕様です。

延長コードの持ち込みが必要です。

接続部が外に出てしまう事もあるため、防水のものが望ましいでしょう。

炊事場とトイレ

水道の凍結予防に水道栓が開けっ放しになっています。

炊事場は屋内で、お湯も出ますので、寒い日も快適です。

トイレはすべて洋式温水便座式で、お尻がつめたいこともありません。

さすがの高規格キャンプ場で、積雪のあるような環境でも快適でした。

お風呂

お風呂は管理棟に併設されています。

シャワーは現在凍結のため利用できません。

お風呂は主に土曜日が営業日で、無料で利用できます。※営業日は公式HPで確認を

感染症対策のため、受付時にいただくQRコードから、WEBで入浴時間帯を予約して利用する仕組みで、密にならないように配慮されています。

雪遊びで冷えた体を、お風呂でゆっくり体をあたためると、そのあとがとても快適です(*´▽`*)

ドライヤー棟が管理棟横にあります。

湯冷めしないよう、しっかり頭も乾かしておきましょう。

遊び場

雪がつもっている環境だからか、土日とはいえ利用客は我が家を含めて10組程度との事でした。

車の通りも少なく、場内あちらこちらに積雪や雪の山があるので、サイト周囲どこでも遊び場になります。

雪遊び用のウェアやソリなどは必需品ですね。

売店でもソリなどが扱われています。

冬のメープル池

夏は水遊びで大賑わいのメープル池もカチンコチンです。

※上には乗れないためご注意を!!

芝生広場への林道

サイトから芝生広場までの道のりも、森の中を探検している様で楽しいです。

芝生広場の遊具
芝生広場の遊具
芝生広場

遊具のある芝生広場も一面の銀世界です。

芝生広場の積雪は10~20cmくらいはあったと思います。

掘ってもすぐには地面は見えませんので、雪も土交じりなどではなく、真っ白です(*´▽`*)

人も少ないので、存分に雪遊びを楽しむ事ができました。

スタッフさんが子供たちのために、雪でソリ滑り用スロープを作ってくださり、大人も子供も楽しみましたwww

夜の星や明け方の朝日などキャンプ場の景色

冬場はやはり空気が澄んでいて、空がとてもきれいです。

月明かりが明るい夜は、月明かりに照らされる銀世界もとてもきれいでした。

月が沈んだころ合いになると、満点の星空が綺麗に広がります。

夜が明けてくると、朝日に照らされる那須岳の姿が見えてきます。

柔らかい朝日に照らされるキャンプ場の様子も、とてもきれいで感動しました。

気候によっては、足元ドロドロもある

撤収の日は晴れて、暖か

撤収日は、風もやみ、日差しも暖かで、比較的気温があがりました。

過ごしやすい反面、サイトの足もとの雪はとけて、土が出ていた部分がドロドロになりました。

テントのビルディングテープやスカート部分、グランドシートなどは、濡れていたり、汚れたままの回収になったため、かたづけにはいつもより時間を要しますし、濡れたまま積載できる用意が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

冬のメープル那須高原キャンプグランドの様子がお分かりいただけましたでしょうか。

一面の銀世界で、子供たちも雪遊びを満喫できました。

また、初めての雪中キャンプな我が家でしたが、設備の整ったキャンプ場のおかげで、安心して快適に過ごすことができました。

最大の難所としては、入口のメープルロード程度でしょうか。

積雪のある林道で、凸凹や傾斜もあり、装備が乏しいと危険です。

我が家は2輪駆動車で、オールシーズンタイヤとチェーンという組み合わせでしたが、スリップする場面もあり、ひやひやしました。

当然天候などにより状況は異なりますでしょうが、冬季に訪れる際はキャンプ場に様子を問い合わせるなど、ご注意ください。

公式HPのリンクはこちら↓です。

その他、メープル那須高原キャンプグランドのレビュー記事も書いていますので、よければご覧ください。

冬以外の季節も、とても快適で大好きなキャンプ場です(*´▽`*)

その他、雪中キャンプにむけた、雪道運転の対策や、我が家の雪中キャンプ装備、服装についてまとめた記事もありますので、よければこちらもご覧ください。

以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

こちらの記事が皆様のお役にたちましたら幸いです。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました