スポンサーリンク

子連れファミリーキャンプのテーブル。選び方と、我が家の安いメインテーブルをご紹介

【キャンプギア紹介】

こんにちは(#^^#)

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

さて、キャンプテーブルは家族団らんを支えるだけでなく、全体のレイアウトにも大きな影響を与える重要な道具です。

影響の大きい重要な道具となると、選び方に悩まれる方も多いのではないでしょうか。

こちらの記事では、そんな疑問の解消を目的に、キャンプテーブルの選び方について我が家の実体験を交えてご紹介します。

すべきゃん
すべきゃん

親子4人な我が家の実体験を交えてご紹介します。

子連れファミリーにおいて、キャンプテーブルを選ぶ際のポイントはこちらです。

・天板の大きさは、1人分を幅60cm×奥行40cmを基準に考える

・テーブルの高さは、子供が使いやすいローテーブルが安心

・大きさ、高さともに、テントやタープなど使用する場所や用途をふまえる

・運搬や収納などのこともあわせて考える

・色味や材質などデザインの統一感も大切

以上の事をふまえつつ、あとはお財布と相談しながら選んでいくと、使い勝手の良いキャンプテーブルが選べるのではないでしょうか。

記事の中では、それぞれのポイントについての詳細や、とてもコスパの良い我が家のキャンプテーブルの使用感想についてご紹介しています。

我が家のキャンプテーブル

併せて、我が家の体験をふまえて、人気のファミリーキャンプ用テーブルの中からおすすめのテーブル達も紹介しています。

よろしければ最後までご覧ください。

この記事が、キャンプテーブル購入を考えている方の参考になれば幸いです。

子連れファミリーキャンプにおけるメインテーブルの選び方

では、早速選ぶポイントについて、もう少し詳細にご紹介していきましょう。

↑目次に戻る

キャンプテーブルの大きさ、サイズを選ぶ

まずはテーブルの大きさを決めるポイントについてです。

幅や奥行の基準は一人横幅60cm×奥行40cm?

こちらの数字は、一般的に家具のダイニングテーブルを選ぶ際に広く使われている基準です。

それをふまえると、我が家の様な4人家族で、2人×2人の対面使用を想定すると、「横幅120cm×奥行80cm」程度が基準ということになります。

実際販売されているアウトドアテーブルの場合、「横幅の選択肢は60cm/90cm/120cm」、「奥行は60~70cm」というのがほとんどです。

そのため、我が家の場合は、「120cm×60cmのキャンプテーブル」を使用しています。

120cm×60cmのテーブル

サイズに対する正直な感想としては、「整理整頓しないと狭い・・・」ですが、とはいえ、大きすぎても邪魔なため、やはりキャンプテーブルとしてちょうど良い基準かと思います。

いつもごちゃごちゃしがちです・・・。
すべきゃん
すべきゃん

散らかっていて恥ずかしい・・・

続いて、高さについてです。

↑目次に戻る

高さはハイスタイルかロースタイルか

高さ70cmほどのハイスタイル

概ね70cm程度の天板の高さをハイスタイル、40cm程度をロースタイルと呼ばれています。

ハイテーブルは、自宅のダイニングテーブルに近い高さで、テーブルに椅子をあわせると、40cm程度の座面高になるため、子供が座るのは難しいが、大人の立ち座りは楽になります。

BBQなど立食でも対応可能な高さで、タープやテントの下で使用する場合、それなりに高い天井になるものが必要になります。

一方ローテーブルは、40cm程度で、和室のテーブルの様な高さです。

ロースタイルテーブル

テーブルに椅子を合わせると、座面高は低くなり、25~30cm程度の低い椅子になるか、お座敷スタイルになります。

天井のさほど高くないタープや、テントでも使いやすい高さで、万能です。

子供のアウトドアチェアと高さも会いやすいですし、子連れファミリー向けだと思います。

すべきゃん
すべきゃん

わがやもいつもローテーブルで使っています。

市販されているキャンプテーブルには高さ調整が可能なタイプも多いため、汎用性が高く無難でしょう。

続いて、天板のサイズや高さについて、どちらとも考慮しなければいけないのが、使用環境です。

↑目次に戻る

大きさも高さも、テントやタープの使用環境や用途もふまえて

スクリーンタープの下で使用

サイズや高さを選んでいくうえで、使用環境や用途も大切です。

キャンプでは、タープ下やテントの前室の中でテーブルを使用する事も多いです。

前室内には、テーブルや椅子、荷物も入るため、使用しているテントサイズによっては、テーブルが大きすぎると邪魔になることも・・・

ツールームテント内で使用。120×60のテーブル

また、高さについても当然椅子やテント・タープ天井との兼ね合いが生じ、ハイテーブルで使いたい場合は、天井が高いテントやタープが必要です。

子連れキャンプには、子供が安全に座れる椅子にあわせやすく、万能につかえるロースタイルがあっているかと思います。

すべきゃん
すべきゃん

キャンプテーブルとしてはローテーブルが使いやすいですね

用途という点で見ると、ローテーブルは寒い時期のお座敷・コタツスタイルにもできるのでおすすめです。

寒い時期はコタツお座敷スタイルにもできる

というように、使用環境や用途に応じて、サイズを検討するというのが重要という話でした。

サイズ以外にも選ぶうえで大切なポイントがあります。

↑目次に戻る

折りたたみやロールタイプなど、収納と設置、運搬も考えて

使用時のみでなく、収納や設置、運搬も重要な点になります。

ファミリーサイズで120cm×60cmの天板サイズとなると、結構なサイズ感です。

大きくなるほど、設置および収納のしやすさ、重量などを考慮する必要があり、コンパクトで、容易なものが望ましいですよね。

収納方法は大きく分けると折り畳み式とロールタイプとがあります。

ロールタイプは、天板と足が分離するタイプで、組み立てる必要がありますが、難しい作業でもありません。

TARAS BOULBA TBアルミロールテーブルL

一方、折り畳み式は、2つ折り、3つ折りとあり、折る位置も横と縦と二種類あります。

折りたたみやすさや、設置のしやすさは、縦の二つ折りが容易です。

縦2つ折りのコンパクトテーブル縦4つ折りのKingcampテーブル

重量は材質により様々です。

アルミ材質のものはファミリーサイズでも5~6kg程度のものが多いです。

ウッドロールテーブルになると、重量が重くなり10kg近くになるので、注意が必要です。

その他、収納・運搬ともに、収納用の袋が付属している製品だと、なおうれしいですね。

すべきゃん
すべきゃん

袋があると、地味に便利です

ここまで、選び方のポイントを見てまいりましたが、実例として、我が家が使用しているテーブルをご紹介します。

↑目次に戻る

我が家の安いが長持ちのコスパ良好テーブルを紹介

我が家のテーブルは120cm×60cmのファミリーサイズながら、¥5,000を下回るお安いテーブルです。

安価に買いそろえたものとしては、購入後3年ほど、30泊弱は使用しているので、コスパ最高ではないでしょうか・・・

↑目次に戻る

フロンティアの3つ折りアルミテーブル

       基本スペック
サイズ展開時:約)横120cm×奥行60cm×高さ70cm/35cm
収納時:約)横42cm×奥行62cm×厚み7cm
材質アルミ
重量4.6kg
耐荷重30Kg
値段¥3,320~¥3,626

「アルミ材質の三つ折りテーブル」で、「重量4.6Kg」です。

サイズは展開時「横幅120cm×奥行60cmの4人用サイズ」で、「耐荷重は30kg」です。

天板は防水加工の施してある、ポリエステルの?化粧板かと思いますが詳細は不明です。

付属の足をつけ外しする事で、天板の「高さを70cmと35cmの2段階に高さ調整が可能」です。

ご覧の様なテーブルでキャンプをしてきた感想です。

↑目次に戻る

使用体験からのレビュー

使ってみての感想は、大変満足しています

選び方で見てきた各項目についての感想をご紹介します。

我が家の主な使用環境は、Colemanタフスクリーン2ルームハウス+の前室内です。

↑目次に戻る

天板サイズはちょうど良いが、調理するなら+αが必要

収納や運搬、テントの中などでの使用を考えると、ちょうど良いサイズかなと思います。

天板の大きさについては、横120cm×奥行60cmと、まぁまぁ大きなサイズですが、4人分の食器や飲料を置くと、結構一杯な感じになります。

同じテーブルの上で、ガスコンロなど調理器具を一緒に乗せるには狭いので、調理用としてや、コンロなどを乗せるためのサブテーブルとして焚火テーブルをつなげて使用しています。

ユニフレーム焚火テーブル

↑目次に戻る

高さはバッチリだが、調整方法に難あり

高さは2段階調整で、70cmと35cmに調整可能ですが、我が家のキャンプスタイルでは、35cmmのロータイプのみの使用で、70cmは使ったことはありません。

小さいお子さんがいるご家庭はロースタイルが使いやすいかもしれません。

我が家はローテーブルのみ使用していますが、特に困る事は一度もありませんでした。

子供が使用しやすい高さの椅子と、それにあわせたテーブルサイズとなると、ロースタイルが使いやすいと思います。

ただ、高さ調整方法により、少し困る点があります。

こちらのテーブルの場合、ハイテーブルにする際、延長用の足部分を追加で差し込むタイプです。

延長用の足を差し込むタイプ

そのため、ロースタイルで使う際は、足の差し込む部分が穴になっている状態で、良く土やら砂やら、芝やらが入込み、片付けが地味に面倒です。

調整可能なタイプを選ぶのであれば、スライド式で段階調整ができるタイプが、使いやすいでしょう。

↑目次に戻る

設置は簡単。収納や運搬は3つ折りでコンパクト。袋があれば◎

「重量4.6kg」と、このサイズのテーブルの中では、軽量な方だと思います。

設置や収納の折り畳み工程は、簡単です。

折り畳みが3つ折りなので、120cmサイズの天板ながら、コンパクトになりますし、側面に持ち運び用のハンドルがついていて、持ち運びは簡単です。

ただ、テーブルの折りたたまる部分や、側面のテーブルを固定するための金具部分など、運搬時に周囲に引っかかったり、削ったりしてしまう部分があり、気を付けないと危険です。

鋭利な部分があるので注意

収納袋があれば最高でしたね。

↑目次に戻る

耐荷重30Kgだが、詳細は不明

耐荷重は30Kgと書かれていますが、そこまで頑丈ではないと思っています。

使用上、ダッチオーブンを乗せたコンロや、食器類などをならべていても、特に不安に感じた事はありませんが、大人が天板に寄りかかるなどするとミシミシいうので、気を付けた方が良い強度です。

↑目次に戻る

価格が安いのは良い

色々と問題はあるものの、なんだかんだと使い続けられていますし、何といってもお値段が¥4,000をきるというお値段なので、あまりビビらず使えて重宝しています。

強度や運搬時の問題など、万人にオススメの商品とは言えないかもしれませんが、安いは正義で、まずはお試し!!といった方にはおすすめです。

フロンティア アウトドアテーブル

それでは、今まで見てきた点を踏まえつつ、子連れファミリーキャンプにおすすめな人気キャンプテーブル達をご紹介します。

↑目次に戻る

子連れファミリーキャンプにおすすめな人気テーブル

ファミリ―キャンプにおすすめな、人気おしゃれキャンプテーブル達をご紹介します。

定番の人気製品たちなので、使いやすいポイントをおさえている製品がほとんどです。

選ぶポイントをふまえてご紹介します。

↑目次に戻る

コールマンマスターバタフライテーブル120と90

COLEMAN コンフォートマスターバタフライテーブル

まずはColemanの人気キャンプテーブルです。

横幅120cm×奥行×70cmで高さが70cm、60cm、44cmとスライド式での3段階調整が可能です。

縦に二つ折りになるタイプで、設置・収納が容易ですし、重量5.7kgです。

収納時サイズは、約36×120×9(h)cmで、運搬用バックも付属しています。

天板材質はメラミン樹脂、グラスファイバー、ポリプロピレンを使用しており、耐荷重は30kgです。

すべきゃん
すべきゃん

欲しい機能がそろっていてさすがです

90サイズはこちらです。

コールマン マスターシリーズ バタフライテーブル90

↑目次に戻る

コールマンフォールディングリビングテーブル120と90

コールマン(Coleman) テーブル フォールディングリビングテーブル

こちらもColemanの人気テーブルです。

横120cm×奥行70cmで高さは70cmと40cmのスライド式二段階調整です。

縦に二つ折りに収納するタイプで、重量は5.5kgです。

運搬用の専用バックが付属しています。

天板材質はメラミン樹脂とポリプロピレンでフレームはアルミ、耐荷重は30kgです。

マスターシリーズに比べ、高さの調整段階が一つ少なく、天板の材質が異なりますが、十分に活躍してくれる性能だと思います。

お値段は半額近くと、大分お求めやすくなっていておすすめです。

コールマン(Coleman) テーブル フォールディングリビングテーブル 90

↑目次に戻る

雰囲気の良いウッドロールテーブル系

TOMOUNTウッドロールテーブルHilander(ハイランダー) ウッドロールトップテーブル

横幅120cm×奥行60cm×高さ45cmほどのウッドロールテーブルです。

色々なブランドから同系統のテーブルが販売されています。

お値段はおおよそ¥10,000~15,000円です。

作りがしっかりいて、木材の雰囲気がとてもかっこいいデザインですが、重量は10kg前後と重くなる点は注意です。

すべきゃん
すべきゃん

重いけど、木製のデザインがキャンプサイトに映えますね

VASTLAND(ヴァストランド) ウッドロールトップテーブル

↑目次に戻る

軽量コンパクトなモンベルマルチフォールディングテーブル

モンベル マルチフォールディングテーブルワイド

モンベル独自の【ハイローザシステム】により、高さが67(Hi)・54(Low)・39(Za)と3段階調整が可能です。

ファミリーサイズの大きな天板(幅112cm×奥行70cm)ながら、収納は高さ19×幅18×奥行き70cmとコンパクトに折りたためる点が特徴的で、もちろん収納バックがついています。

軽量で強度に優れたアルミニウム合金をフレームに使用しており、重量は4.4kgほどと軽量な点も特徴的です。

すべきゃん
すべきゃん

さすがモンベル。軽量&コンパクトが際立ってます。

ファミリーサイズではなく、ちょい足しとして重宝するのが焚火テーブルです。

こちらもご紹介します。

↑目次に戻る

サイドテーブルとして活躍する焚火テーブルもおすすめ

サイドテーブルとして焚火テーブルをちょい足し

焚火テーブルをサイドテーブルとしてちょい足しする方法もおすすめです。

焚火テーブルはコンパクトで軽量なため、あちらこちらに移動して使うのに重宝します。

我が家も使用している定番製品はこちらです。

ユニフレーム UNIFLAME 焚き火テーブル
すべきゃん
すべきゃん

ひとつあると重宝します

↑目次に戻る

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ファミリーキャンプ用のメインテーブルの選び方と、コスパの良い我が家のテーブルの使用感想、最後に人気テーブル達をご紹介しました。

メインテーブルはキャンプにおいて家族団らんを支える重要な道具です。よく選び、気に入ったものに出会えるといいですね。

テーブルと一緒に必要となる、椅子についてもまとめています。

よろしければこちらもご覧ください。

以上です。

こちらの記事が、メインテーブル選びの一助になりましたら幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ブログランキング参加中です。応援していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました