【雨キャンプ対策】撤収時の片付けで活躍するおすすめ道具をご紹介

こんにちは(^^♪

当ブログをご覧いただきまことにありがとうございます。

この記事では、雨の日キャンプの対策の一つとして、撤収の片付けで活躍する道具をご紹介します。

我が家の雨の日撤収作業時に重宝しているのが、【ミレストPE3WAYシートバック】です。

製品仕様や、活用例をまとめ、おすすめポイントなどの感想をご紹介いたします。

この記事が皆様な豊かなキャンプライフの一助になりましたら幸いです。

では、ご覧ください。

※にほんブログ村に参加しています。リンクをポチリで喜びます( *´艸`)

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村
目次(タップできる目次)

ミレストPE3WAYシートバックについて

さっそく、製品の仕様をみていきましょう。

(ミレスト) MILESTO MILESTO UTILITY PE 3WAYシートバッグ

製品仕様

素材・成分本体はポリエチレン
サイズmmシート時:W1,060×H1,730
バック時:W1,060×H600×D450
容量約180L
耐荷重30Kg
本体重量300g

防水性が高く、汚れにくい、ついた汚れもすぐに落とせるポリエチレン製で、生地が丈夫です。

容量も大きくアウトドアでの仕様に適しています

防水性の高いPE。泥汚れがついても、簡単に洗い流せます。
バッグ状は大容量の180L!!

特徴

運搬用バックとして使えるだけでなく、車の荷台用シートレジャーシートとしても使える3WAY。

アウトドアシーンやさまざまなおでかけシーンに活躍します。

運搬用バックとして活躍

容量180Lの運搬用バックとして仕様できます。幅約1メートル、高さ60センチ、奥行き45センチの大きさですので、たっぷり入ります。

車の荷台にカーシートとして活躍

軽自動車の荷台ですと、かなり余るくらいです。

車の荷台にカーシートとして活躍。持ち手が座席の背もたれ部分に固定できるため、ズレを防止できます。防水性が高く、汚れた荷物も載せられますし、シートについた汚れも容易に洗い落とせます。

レジャーシートとして活躍

道具の運搬後は開いて、シートとして活用

防水性や汚れに強い素材のため、そのままシートとしても利用できます。

子供と公園に遊びに行く時に、スケートボードや野球セット、サッカーボールに、縄跳び、フリスビー、シャボン玉などなど・・・運びたいおもちゃも多くなります。

そんな時、こちらのバックで運搬し、そのままレジャーシートとして使う事もできます。

おりたためばこんなにコンパクト

おりたためばとってもコンパクト。重量も300gと軽量で、持ち運びに便利です。

雨キャンプの撤収時の片付けに活躍

雨キャンプの対策の中で考えておかなければならないのが、撤収作業時のテント収納についてです。

ミレスト3WAYシートバックがある事で、濡れて汚れている大きなテントを、スマートに持ち帰ることができます。

実際の活用例をご紹介します。

テント運搬用の大型ドライバックとして

撤収日、当日雨が降っていれば当然ですが、天候によっては、前日の雨の影響で、テントが濡れたままであったり、地面がぬかるんでいるという事もあり、汚れたテントの収納に困る場面は意外と多く経験します。

テントが濡れていたり、汚れていると、そのまま付属の収納袋にまとめるには、テントにも袋にも汚れをうつしてしまうため躊躇します。

さらに、地面が濡れていると、テントやタープなど大きなギアを地面に起きながらたたむ事が難しく、ツールームテントなどの大型テントだと、付属の袋にたたんで入れるのは至難の業です。

雨や土で汚れたテント

そのような場合の対策として、大容量のドライバックや大きなゴミ袋などに汚れたテントをまとめてもち帰る方法が定番ですが、我が家ではこちらのシートバックを活躍し、重宝しています。

防水性が高く、汚れにも強い素材で、丈夫かつ大容量です。

ツールームテントのフライシート部分とグランドシートなどがまとめてすっぽりと入り、まだ余裕があります。

Colemanタフスクリーン2ルームハウス+とグランドマットをまとめて

さらに、隙間からの漏水もなく、他の荷物も、車の荷台も汚しません

ゴミ袋などのビニールより強度があるため、破れてしまう事を気にせずすむ点も気に入っています。

他の荷物の上に積み込めます

持ち帰ったあとの掃除も簡単です。

汚れたシートは、直接水洗いして、干しておけば、またきれいに利用することができます。

雨の日以外のキャンプでも活躍

ご覧の様にドライバックとして活躍するシートバックですが、汎用性の高い製品なので、ドライバック以外としても活躍します。

荷おろし、積載作業時などのシートとして

単純にブルーシートなどの代わりとして使用できます。

荷物の積み下ろし作業時に、荷物が汚れないように、車のそばに敷き、こちらの上に荷物をまとめておろしたりして利用しています。

わかりずらい写真ですが、左下にまとめた荷物の下はこのシートです。

また、荷下ろしなど以外にも、直接地面に起きたくない荷物を置く場所として、シートがあると便利です。

簡単におりたためて、サイズも調整できるため、重宝します。

ギアの運搬に

バックの状態として、道具の運搬にも活用できます。

運搬作業を簡略化したい時など、荷物をまとめて入れて運ぶと便利です。

ただし、袋自体の大きさが結構あり、持ち手の幅も広いつくりです。運搬する重量にもよりますが、耐荷重30Kgに近い重量になると、一人で運搬するにはかなり骨がおれるので、二人で運ぶのが無難です。

肩掛けできる長さの持ち手があって、一人で運べれば、さらに便利かもしれません。

我が家では荷物の運搬は、わたくし一人が担うので、運搬用としての活用場面は正直少ないです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

防水性が高く、丈夫で、汚れがすぐ落ちるポリエチレン製で、色々な形で使えるため、汎用性の高いギアだと思います。

特に、雨の日キャンプのテントの片付けには大活躍しています。

本体は大変コンパクトで、持ち運びも楽なので、キャンプに行く際は必ず持ち歩くようにしておけば、通常時はシートとして活用できますし、予想外に雨が降った時も、撤収作業時に困りません。

以上です。

雨の日キャンプのテント対策のひとつとして、ミレストPE3WAYシートをご紹介しました。

(ミレスト) MILESTO MILESTO UTILITY PE 3WAYシートバッグ

我が家の体験が皆様のお役にたてば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ほかにも雨の日キャンプに必要な道具をまとめた記事もありまs。

よければご覧ください。

※にほんブログ村に参加しています。リンクをポチリで喜びます。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

限定クーポン配布中!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次(タップできる目次)