子供も楽しい絶景観光地!休暇村裏磐梯キャンプ場から手軽に立ち寄れる周辺施設をご紹介

こんにちは( *´艸`)

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

今回の記事は、休暇村裏磐梯キャンプ場の周辺観光地についてまとめました。

裏磐梯は自然豊かな観光地です。せっかくキャンプで訪れたら、やはり周辺にも立ち寄って帰りたいところです。

ですが、キャンプ後で疲労もあるうえに、小さい子連れだと、子供の体力面や世話にかかる手間なども気になります。

帰りに立ち寄るのなら、気軽に立ち寄れて、子供も楽しめるような場所がいいですよね。

そんな条件にピタリと当てはまる場所として、五色沼群の【毘沙門沼】についてまとめました。

非常に美しい景色を楽しめましたし、ボートにも乗れて子供たちも大満足でした。

我が家が実際立ち寄ってみた体験をもとに、【毘沙門沼】の様子をご紹介しますので、よろしければ最後までご覧ください。

記事の内容が皆様のお役に立ちましたら幸いです。

目次(タップできる目次)

子供も楽しい絶景観光地!休暇村裏磐梯キャンプ場から手軽に立ち寄れる周辺施設をご紹介

それでは、毘沙門沼についってみていきましょう。

それに先立って、まずは裏磐梯全体の観光地概要をご紹介します。

裏磐梯はこんなに素敵なところ

裏磐梯は、福島県北塩原村の標高800mの位置にある、国内有数の自然豊かな高原リゾートです。

1888年の磐梯山の水蒸気爆発により300以上の湖沼が形成され、今の景観となりました。

神秘的な湖沼群や清流など、身も心も癒されるような景勝地が多く存在し、代表的な【五色沼】は2016年にミシュラン・グリーンガイドで一つ星の評価を得ています。

見どころをもう少し深堀しましょう。

景観の美しい五色沼湖沼群

エメラルドブルーの毘沙門沼

五色沼は五つの沼という意味ではありません。

沼によってさまざまな色彩を見られる事から、【五色沼】という名前がつきました。

天候や季節、見る角度、水中に含まれる火山性物質などにより、エメラルドグリーン、コバルトブルー、ターコイズブルー、エメラルドブルー、パステルブルーと、沼の色が様々で、神秘の沼ともいわれています。

自然が作り出したとは思えないような色が、訪れる人達を魅了します。

五色沼以外にも見どころは豊富です。

豊富な景勝地とアクティビティ

五色沼だけでなく、渓谷や大きな湖、山など四季折々の景観が楽しめるだけでなく、様々なアクティビティを体験できる場所でもあります。

より詳細に観光情報をご覧になりたい方はこちらをご覧ください。

このように、とても素晴らしい体験ができる裏磐梯ですが、子連れでもキャンプ帰りに気軽に立ち寄れる場所として、毘沙門沼にいった様子をご紹介します。

子連れキャンプ帰りでも、気軽に立ち寄れる毘沙門沼

毘沙門沼からの景色

では、毘沙門沼についてと、なぜ子連れファミキャン後で疲れていても気軽に立ち寄れる場所なのかを見ていきましょう。

まず毘沙門湖とは?

出典:裏磐梯観光協会hp

毘沙門沼は五色沼自然探勝路の道中に含まれるている沼の一つです。

見て回れる沼の中で、最も大きな沼で、エメラルドグリーンのとてもきれいな水の色が特徴的です。

また、ボート遊びなども楽しめる場所でもあり、綺麗な色の沼の中から、裏磐梯の景観が楽しめます。

沼周囲には、レストラン、売店やCAFEなどがあり、景観を楽しみながら軽食を済ませたりができます。

続いて、子連れキャンプ後に立ち寄りやすくて楽しめる理由の詳細をご紹介します。

裏磐梯休暇村キャンプ場からのアクセスが良い

まずはアクセスです。

裏磐梯休暇村キャンプ場から車で6分という近距離であり、高速ICへの帰り路の途中です。

キャンプ後にわざわざ遠くに移動する必要がなく、楽に立ち寄れます。

続いての気軽に立ち寄れるポイントは

沼までの徒歩距離が子供と一緒でも10分ほど

五色沼入り口ビジターセンター

直接沼の近くまで車でも行けますが、周辺観光の案内所兼トイレ休憩所ともなっているビジターセンターや五色沼観光プラザに車を停めても行くことができます。

そこから沼までは、400mほどで、子供と一緒でも10分ほどの距離です。

小さい子供がいても、ぐずられる心配は少ないでしょう。

ビジターセンターに訪れると、紙媒体などでも周辺観光地の情報を得ることができるため、参考になります。

続いての気軽に立ち寄れるポイントとしては、

毘沙門沼で軽食も昼食もおやつもお土産も買える

レストランや売店がある

毘沙門湖には、レストランや売店、CAFEがあり、飲食物も現地で調達できます。

キャンプ場チェックアウトが11時で、ちょうどお昼時です。

昼食や軽食がてら、立ち寄るのに適しています。

我が家は、たこ焼、焼きおにぎり、アイスなどを堪能しました(*´▽`*)

帰りのお土産選びもここで済ませることができます。

福島県ゆかりの品々がたくさん並んでいました。

次は子供たちが楽しめるポイントです。

美しい湖の毘沙門湖でボート乗り。子供も大人も楽しい

沼でボートに乗れる

毘沙門沼は結構大きな沼で、ボート乗りが楽しめます。

オールで漕ぐタイプのボートで、家族4人(小学生低学年と未就学児とふうふ)で乗れるサイズだったのもうれしい点です。

30分で1000~1200円あたりだったと思います。延長も可能です。

とにかくエメラルドグリーンの水が綺麗で、沼に沈む木々や石などが透けて見えて、とても美しい眺めです。

景色だけでなく、ボート漕ぎもとても楽しめました。沼の形も独特で、細いところや広いところがあり、操作が難しい場所もありますし、広々としている場所もあります。

子供と一緒に漕いだり、家族4人で楽しい時間を過ごせました。

続いても、ボートから楽しめるポイントです。

湖上から眺める磐梯山が圧巻の景色

沼の上からの眺めは、地上と異なります。

沼上から眺めた磐梯山の景色は、息をのむような美しさでした。

我が家は美しい眺めを家族でたくさん見れるようにとキャンプをしていますが、とても印象に残るきれいな景色を見る事ができました。

沼の上からの景色は、地上からの景色とは違って、新鮮で、さらに美しく感じます( *´艸`)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

休暇村裏磐梯キャンプ場から、気軽に立ち寄れて子供も楽しめる周辺観光地として、【毘沙門湖】の様子をご紹介しました。

帰り道の途中に立ち寄れる距離ですし、美しい湖での眺めやボート乗りは、子供も大人もみんなが楽しめる場所でした。

キャンプの帰りというやや疲れた状態でも、手軽に立ち寄れる上に、とても楽しめておすすめの場所だと思います。

以上です。

ご興味もたれた方は是非立ち寄ってみてください。

休暇村裏磐梯キャンプ場についてまとめた記事もありますので、よろしければこちらもご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

限定クーポン配布中!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次(タップできる目次)