【驚きのコスパ!】WHATNOT(ワットノット)ワンタッチバケットをレビュー。¥2,000以下で収納問題をすっきり解決?

こんにちは。

収納グッズ大好きすべきゃん(@camping_for)です。

さて、なにかと荷物の多いキャンプですが、散らかりがちな細かい道具の収納にお困りな方も多いはず。

本記事では、そんな悩みをスッキリ解消してくれる「WHATNOT(ワットノット)ワンタッチバケット」のレビューを紹介します。

よめきゃん

わがやのキャンプでも大活躍よね

すべきゃん

どんなバッグかくわしく紹介するよ

ワットノットワンタッチバケット】の特徴は「高い耐久性」と「収納力」、アウトドアと相性の良い「デザイン」です。

ワットノットワンタッチバケットの商品画像。薪や薪割り器も収納されている。
ワットノットワンタッチバケット

さらに¥2,000を切るそのお値段も魅力です。

実際に使ってみると、その収納力の高さとハードに使える勝手の良さにおどろきました。

荷物がごちゃごちゃして困っている方にぜひおすすめしたい収納グッズです。

そんな【ワットノットのワンタッチバケット】についてくわしくまとめました。

ワットノットのワンタッチバケット

メリットデメリット
・アウトドアでストレスなく使える
・たっぷり収納力
・おしゃれ
・価格がリーズナブル
・細かくわけた収納は苦手
・上に荷物を重ねるのはむずかしい
目次(タップできる目次)

WHATNOT(ワットノット)ワンタッチバケットの概要

ワットノットワンタッチバケットの商品画像。
製品名【WHATNOT】ワンタッチバケット
展開時サイズ(約)幅360㎜×奥行250㎜×高さ320㎜
収納時サイズ(約)幅360㎜×奥行250㎜×高さ60㎜
重量(約)750g
素材【本体】600Dポリエステル、【ワイヤー】スチール、【底面】木・EPE、【足キャップ】PVC
価格¥1,904(記事作成時)

ワンタッチバケットのスペックは表の通りです。

展開した際のサイズは、幅360㎜×奥行250㎜×高さ320㎜です。

ワットノットワンタッチバケットの寸法が記載された画像。

大口で深さがあり容量が大きいです。

ワットノットワンタッチバケットの内部の画像。収納力の高さがわかる。

バッグ外側にはぐるりとベルトループがついていて、サイドにはポケットがひとつついています。

ワットノットワンタッチバケットのベルトループの画像。カラビナなどをひっかけられるベルトがついている。
ひっかけたり、さしたりできるベルトループ
ワットノットワンタッチバケットのサイドポケットの画像。着火剤が入れてある。
サイドポケット

使わない時は折りたためて、開く時はワイヤーフレームを広げるだけのワンアクションです。

重量も750gと軽量です。

布素材は600Dと厚手のポリエステルが使われていて頑丈です。

600Dとは?

D(デニールdenier:D)は糸や繊維の太さをあらわす単位で、数字が大きいほど太い糸や繊維をあらわします。

ワットノットワンタッチバケットの表面を映した画像。

ワイヤーフレームはスチール製で直径2.5mmです。

ワットノットワンタッチバケットのフレームの太さを計測している画像。

底面は「木板」「EPE」が入り、防水性と強度が高めてあります。

さらにPVC素材の足が5ヶ所ついていて、地面の水や汚れから守ってくれます。

EPEとは?

EPE(発泡ポリエチレン)は、プラスチック素材で緩衝材や梱包材に使われる素材。プールのビート板などが身近。

PVCとは?

PVC(ポリ塩化ビニル)は、プラスチック素材のひとつ。水道菅や車の部品などが身近。

ワットノットワンタッチバケットの脚を映した画像。PVC素材の5つの脚が写っている。

アウトドアやDIYなど、ハードな環境で使う事をそうていして、頑丈でたっぷり収納できる作りになっています。

続いて、わがやがキャンプで使ってみて感じた製品のレビューを紹介します。

↑目次に戻る

WHATNOT(ワットノット)ワンタッチバケットのレビュー

わがやは二つのワンタッチバケットを使っていて、ひとつは焚火道具に、もうひとつは小さい道具をまとめるのに使っています。

キャンプで使ってみて感じたワットノットのワンタッチバケットの特徴はこちらの6つです。

ひとつずつ見ていきましょう。

↑目次に戻る

1.ハードに使えてストレスなし

特徴のひとつは耐久性の高い構造です。

アウトドアギアやDIY用工具などをガチャガチャいれても破れない様、600Dと厚みのある生地で作られています。

また、バッグ底の部分は防水性を高めた構造にくわえてPVC素材の足がついています。

ワットノットワンタッチバケットの底部分の画像。底部分の耐久性の高さを映している。

汚れた道具類もラフに入れれて、置く場所も選ばないため、キャンプで使うのにストレスがありません。

すべきゃん

ガシガシ使える

続いての特徴はその収納力です。

↑目次に戻る

2.たっぷり入って荷物すっきり

ワットノットワンタッチバケットの内側の画像。収納力の大きさを映している。

収納力も特徴的です。

大口の深い構造で、縦長の道具もすっぽりはいります。

わがやでは縦にながい道具の多い、焚火道具をいれて持ち運ぶのに使っています。

ワットノットワンタッチバケットに収納している道具一式を映した画像。薪やマキワリキ、焚火台が並んでいる。
焚火道具一式

薪そのものも含め「薪割り器」「火ばさみ」「火吹き棒」「焚火台本体」「耐熱シート」「耐熱グローブ」など一式はいります。

ワイヤーフレームのおかげで、バッグの形状も崩れずきれいに収納できます。

ワットノットワンタッチバケットに焚火道具が入っている画像。縦長の道具類がすっぽり入っている。
薪も含めてすっぽりはいる

サイドのポケットやベルトループも便利です。

着火剤やナイフなど、細かいものはひっかけるかポケットに入れておくと取り出しやすいです。

ワットノットワンタッチバケットのベルトループの画像。
カラビナがかけられるベルトループ
ワットノットワンタッチバケットのサイドポケットの画像。
サイドポケットには着火剤やナイフ

もうひとつのバッグは小物類をいれるのに使っています。

ワットノットワンタッチバケットに小物類が収納されている画像。

「救急キット」や「カラビナ」「ガス管」や「ペーパータオル」「ティッシュ」など、こまごまとしたものをゴチャっとひとまとめにして入れています。

ワットノットワンタッチバケットに収納されている小物類一式を映した画像。
小物類一式

ボックスの壁は硬いプラスチック製とちがいポリエステル生地なので、多少のびてくれます。

ワットノットワンタッチバケットの内側に道具がつめこまれている画像。生地が伸びるため無理につめこめる様子を映している。
ぎゅうぎゅうにつめても生地がのびる

生地のゆとりがあるぶん、大小さまざまなサイズの道具をラフにつめこめるのでストレスがありません。

ワットノットワンタッチバケットの側面画像。中身が詰め込まれて膨らんでいる。
生地の伸びる分詰め込める

さらに、大口の構造で荷物が良く見えるため、取り出すのも楽ちんです。

ぎゅうぎゅうにつめても生地がのびる

入れやすく出しやすいのは時間短縮にもなりますね。

すべきゃん

忙しいこども連れキャンパーにもぴったり

続いての特徴はこちらです。

↑目次に戻る

3.サイトに良くなじむデザイン

サンドベージュとカモカラー

アウトドアやDIYなどのシチュエーションとの相性が良いデザインです。

キャンプサイトによくなじみ、かっこいいです。

ワットノットワンタッチバケットをキャンプサイトのラックに置いている画像。
キャンプサイトによくなじむ

↑目次に戻る

4.リーズナブルなお値段がうれしい

これだけ使い勝手が良くて、定価で¥2,000しないお値段はとても魅力的です。

すべきゃん

安いwww

ご覧いただいたように、おすすめなポイントが多いバックですが、弱点もあります。

↑目次に戻る

5.細かく分けた収納は苦手

ざっくりいれるのにむいてる

ボックス形状で細かい仕切りがないため、荷物をざっくりと収納するのに向いています。

ひとつひとつの道具を細かく収納するのには向きません。

細かく収納したい場合は別売りのコンテナを使うと便利です。

続いての弱点です。

↑目次に戻る

6.上に物を重ねたりはむずかしい

あまり重たいものを上に重ねるとスチールフレームが折れ曲がる危険があります。

また蓋のないつくりなので、うえにものを重ねにくい作りです。

ボックス型コンテナの様に上に重ねることができないため、車に載せるときに悩むことはあります。

車に荷物を積んでいる画像。頑丈ボックスが重ねて置かれている。
ボックス型のようには置けない

重ねて置いても頑丈なボックスタイプのレビューはこちらをご覧ください。

そんなわけでワットノットのワンタッチバケットのレビューを紹介しました。

上にものを重ねるのは苦手なものの、この使い勝手の良さで¥2,000を切るお値段は魅力です。

すべきゃん

ひとつ買うと、もうひとつ欲しくなりますw

ワットノットのワンタッチバケット

メリットデメリット
・アウトドアでストレスなく使える
・たっぷり収納力
・おしゃれ
・価格がリーズナブル
・細かくわけた収納は苦手
・上に荷物を重ねるのはむずかしい

続いてワンタッチバケットの評判についても見てみましょう。

↑目次に戻る

WHATNOT(ワットノット)ワンタッチバケットの口コミ

ワットノットワンタッチバケット】はamazonでも人気で、口コミ総数も6,000件を超えています。

そのうち☆3以下が7%で、それ以外の93%が★4以上をつけている満足度の高い商品です。

製品に対する意見を取り出してまとめてみました。

↑目次に戻る

悪い口コミ

総口コミ数6,561件の中で、☆2以下が150件で、そのうちレビュー付きが47件でした。

そのほとんどが初期不良に対する評価でしたが、その中から製品そのものに対するものを抽出しました。

多かったネガティブな口コミ内容

  • 思ったより重い
  • 思ったよりも生地が薄い
  • 針金が華奢、骨組みが細い

同製品を2つ使っているわたし個人の感想としては、骨組みについては確かにそう感じる人もいるかもと思いますが、残り2つはほとんど気になりません。

続いて、ポジティブな意見を見ていきましょう。

↑目次に戻る

良い口コミ

総口コミ数6,561件のうち、☆4以上6,192件で、レビュー数は661件でした。

多かった意見をまとめるとこちらです。

多かったポジティブな口コミ内容

  • コスパ最高
  • 軽い、丈夫、使いやすい
  • デザインが良い

機能性とデザイン性とお値段の安さに対する評価が高いようです。

ワットノットのワンタッチバケット

メリットデメリット
・アウトドアでストレスなく使える
・たっぷり収納力
・おしゃれ
・価格がリーズナブル
・細かくわけた収納は苦手
・上に荷物を重ねるのはむずかしい

続いて、みてきたレビューや口コミをふまえて、どんな方々におすすめなバッグかを紹介します。

↑目次に戻る

WHATNOT(ワットノット)ワンタッチバケットはこんな人におすすめ

ワットノットワンタッチバケット】はこんな方々におすすめしたいバッグです。

↑目次に戻る

道具を楽に収納したい人におすすめ

細かい道具の収納や取り出しに手間をかけたくない方におすすめのバッグです。

荷物がおおく、こどもに手のかかる子連れファミリーキャンパーの方々にとって使いやすいバッグだと思います。

手間をかけても細かく収納をわけたい方は、ワットノットから販売されているコンテナの併用がおすすめです。

ワットノットワンタッチバケットにすっぽり入る設計で、さらに細かく分けた収納ができます。

↑目次に戻る

ラフにつかえるバッグが欲しい方におすすめ

使い勝手のよい仕様にくわえてお値段もリーズナブルなため、アウトドアでラフに使うバッグとして適しています。

汚れなどを気にせずガシガシ使いたい方におすすめです。

ワットノットのワンタッチバケット

メリットデメリット
・アウトドアでストレスなく使える
・たっぷり収納力
・おしゃれ
・価格がリーズナブル
・細かくわけた収納は苦手
・上に荷物を重ねるのはむずかしい

さらに、もっとガシガシ使いたい方におすすめなのがワットノットワンタッチバケットヘビーデューティーモデルです。

↑目次に戻る

さらに頑丈なヘビーデューティーモデルもおすすめ

ワットノットワンタッチバケットヘビーデューティーモデル

従来品より、お値段があがり、重量が約1230gに上がりますが、強度がバージョンアップしている製品です。

パワーアップポイントは、まず①ワイヤーの太さが倍の5mmに改良されています。

ワットノットワンタッチバケットヘビーモデルのフレーム画像。直径が太い。
出典:Amazon
すべきゃん

倍の太さです

フレームをの太さを倍にする事で、強度をあげています。

他にも②側面ベルトループの追加がされています。

出典:Amazon

さらに③ワッペン装着が可能なベルクロが新たな要素として追加されています。

出典:Amazon

ベルクロワッペンが装着できて、デザイン面でもパワーアップしています。

ワットノットベルクロワッペン

お値段のお手頃感は減りますが、安心してガシガシ使いたい人にはこちらがおすすめでしょう。

すべきゃん

ガッシガシ使いたいに人におすすめ

ワットノットワンタッチバケットヘビーデューティーモデル

続いて、他ブランドからも販売されている競合製品たちとの比較表を見てみましょう。

↑目次に戻る

WHATNOT(ワットノット)ワンタッチバケット競合製品との比較

amazonで販売されている競合製品との比較表です。

ワットノット
スタンダード
ワットノット
ヘビーデューティー
yETO 
コンテナバッグ
QQOLi 
コンテナバッグ
価格¥1,980¥2,980¥4,200¥3,980
生地素材600Dポリエステル600Dポリエステル1050Dポリエステルポリエステル:オックスフォードクロス
フレーム素材スチール2.5mmスチール5mmステンレス記載なし
重量750g1,230g920g880g
耐荷重不明2kg(推奨最大重量)最大30kg最大30kg
サイズ(cm)幅36×奥25×高さ32幅36×奥25×高さ32幅37×奥26.5×高さ32.5幅36×奥25×高さ32
容量記載なし記載なし31L25L
☆評価平均値☆4.6(6,561個の評価)☆4.6(6,561個の評価)☆4.1(19個の評価)☆4.4(74個の評価)
その他側面ポケット多い。側面ポケット多い。
底面4層構造。
※価格は税込み

他ブランドも色々とバージョンアップされていますが、お値段を見ると倍です。

ワットノットワンタッチバケットのコストパフォーマンスが抜け出ている印象です。

ワットノットのワンタッチバケット

メリットデメリット
・アウトドアでストレスなく使える
・たっぷり収納力
・おしゃれ
・価格がリーズナブル
・細かくわけた収納は苦手
・上に荷物を重ねるのはむずかしい

↑目次に戻る

WHATNOT(ワットノット)ワンタッチバケットのよくある質問

ワットノットワンタッチバケットについてよくある質問に答えました。

ワンタッチバケットのサイズや大きさは?

ワンタッチバケットを広げたサイズや大きさは幅36cm×奥行25cm×高さ32cmです。

よく見かけるペットボトル2Lが6本入った箱(幅27cm×奥行22cm×高さ31cm)より一回り大きい程度くらいです。

ワットノットワンタッチバケットはカスタムできますか?

手軽なカスタム方法は、100円ショップのダイソーにある天板付きのスクエアボックスをはめる事です。

深いボックスのため、上からスクエアボックスをはめる事で、収納力があがります。

上からはめると淵にぴたりとひっかかり、よっぽどな重量物でなければテーブルのように使えます。

スクエアボックスはフタが結構外れやすい点が弱点で、運搬中にふただけ外れたりが良くあります。

他にもダイソーで販売されている工具入れボックスもピタリとはまります。

ものが取り出しやすく便利です。

他にもおしゃれなカスタム方法がいろいろとあります。

↑目次に戻る

WHATNOT(ワットノット)ワンタッチバケットのレビューまとめ

いかがでしたでしょうか。

コスパがよく、ハードに使える収納バッグで、ファミリーキャンプにもってこいな【ワットノットワンタッチバケット】を紹介しました。

ごちゃごちゃしやすいキャンプ道具をスッキリとまとめるのに大活躍です。

ワットノットのワンタッチバケット

メリットデメリット
・アウトドアでストレスなく使える
・たっぷり収納力
・おしゃれ
・価格がリーズナブル
・細かくわけた収納は苦手
・上に荷物を重ねるのはむずかしい

ワットノットワンタッチバケット

細かく道具を収納したい方には、ワットノットのソフトコンテナとの併用がおすすめです。

さらに強度の高いタイプがお望みの方は、こちらモデルがおすすめです。

ワットノットワンタッチバケットヘビーデューティーモデル

ほかにも収納に便利な道具についてまとめていますので、よければこちらもご覧ください。

以上です。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

限定クーポン配布中!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次(タップできる目次)