スポンサーリンク

ワークマンジュニアサイズ革手袋が、ファミリーキャンプで子供におすすめ

【キャンプギア紹介】

こんにちは(*´▽`*)

ご覧いただきありがとうございます。

緊急事態宣や体調などの影響もあり、なかなかキャンプに行けない日々が続いております。

そんな時はアウトドアショップでのウィンドウショッピングでもして、気を紛らわすのも楽しみのひとつですね。

というわけで、先日ワークマンに行ってきました。

ワークマンのアウトドアラインアップも豊富になっていて、見ていて楽しいです。

そんな中、素敵な手袋を見つけたので、ご紹介します。

では、ご笑覧ください。

※にほんブログ村に参加しています。リンクをポチリで喜びます(*´▽`*)

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

ワークマンの革手袋「フィールドグローブ」ジュニアサイズ!

見つけた商品はこちら!

ワークマンのフィールドグローブジュニアサイズです。

軍手のキッズサイズは見た事ありますが、キッズサイズの耐摩耗・耐熱革手袋は見たことありませんでした。

キャンプで子供と一緒に作業を楽しみたい我が家は、ペグ打ちや、薪の持ち運び、薪をくべる作業など、軍手でやってもらっていましたが、子供の手の安全がやや心配でした。

なので、子供革手袋はとてもうれしい発見でした(*´▽`*)

仕様

こちらは商品タグです。

耐摩耗、耐熱性にすぐれた柔らかい手袋と謳っています。

材料は牛床革、裏側は汗などで蒸れにくい純綿です。

謳い文句の通り、外側の触り心地や革の感じはしっとり柔らかく、内側の肌さわりはさらさらです。

サイズは全長18cm、中指の長さ7.3cm、手のひら回り18.2cmです。

作りは親指の部分や指の縫製など結構しっかりしている印象です。

厚みもあります。

これなら、焚火の手伝いの際に火傷をしたり、薪のささくれがささったり、ペグハンマーで誤って手を打ってしまうなどの危険から手を守れそうです。

子供の手の安全を守るのに十分に活躍してくれそうです。

着用感

7歳の息子、4歳の娘につけてもらいました。

サイズ感は息子の場合、大きすぎず、小さすぎずといった感じです。

息子は、標準的な小学校2年生の体重と身長の男の子です。

手首に絞りがあるので、手を下げても抜けたりしません。

ずれにくいですし、革も柔らかいので手指も動かしやすいようです。

4歳の娘はおまけです。

「お兄ちゃんだけずるい!」と泣くので・・・

娘はもちろんぶかぶかで、いくら手首の絞りがあっても、手を下げると抜けちゃいます。

やはりぶかぶかですね。手を下げると、抜けちゃう感じです。

ペグ打ちや薪割りでテスト

ペグを打ってもらったり、薪を割ったりと、いつもの手伝いを想定して、試してもらいました。

特に、ハンマーや鉈が使いにくいといった様子もなく、いつも通り作業を行えています。

軍手と違和感なく使えるのであれば、サイズ感や柔らかさは問題なさそうで、十分活躍してくれそうです。

他の革手袋と比較

比較する製品は、パパがキャンプで愛用している革手袋です。

結構使っているので、かなり汚れています。見苦しくて申し訳ない。(;^ω^)

耐熱手袋・牛革グローブ

価格はお手頃で¥1000ほどですが、キャンプでの焚火や調理、薪割りなどで活躍しています。

熱した焚火用の薬缶を持ったり、フライパンの柄を持ったり、焚火に薪をくべたりと、なんら支障なく使えており、満足しています。

そのため、この手袋を基準にすれば、通常のキャンプシーンでは問題なく使用できると思います。

見た目

パパ手袋は、手首がマジックテープです。

テープでフィット感が調整できるので、便利です。

ワークマンフィールドグローブは手首に絞りがついていて、手首にフィットします。

親指の付けのの縫製は同じようです。

生地はどちらも牛革を使用しています。ワークマンの方は肌触りが、より柔らかいです。

革の厚み

主観的には、手を通してみた感想は、「フィールドグローブ」がやや薄いかな?というていどです。

さほど変わらないようです。

¥399ながら、しっかり厚みはあります。

指の部分を並べて、横から撮ってます。右がフィールドグローブ

耐熱性

熱した焚火用ケトルの持ち手部分を触った感じでは、しっかり耐熱できています。

当然長く触っていれば熱く感じますが、それはどちらも同じ事です。

耐熱性についても同程度の機能を備えています。

もちろん同程度だからといって、同じ作業を子供にさせるのは危険なので、させません(;^ω^)

とはいえ耐熱性はしっかりあるようです。

今まで軍手では、火傷が心配でできなかったお手伝い(焚火に薪をくべたり、火ばさみで火のついた薪を移動したり)にもチャレンジできそうです。

すでに我が家で活躍している革製品と同程度の機能が期待でき、それでいて¥399とは、素晴らしいコストパフォーマンスです

購入方法

こちらの商品は店舗のみでの取り扱いのようです。

最寄りのワークマンに問い合わせてみてください(*´▽`*)

なお商品ページのリンクはこちらです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

結論としては、ワークマンのフィールドグローブ、とてもおすすめ商品です。(*´▽`*)

もちろん大人用もあるので、親子で揃えるのもありかと思います。

フラーっと立ち寄ったワークマンで、思いがけず素敵な商品と出会えました。

何より値段がうれしい(*´▽`*)

こちらのグローブで子供と一緒のキャンプをさらにエンジョイしたいと思います。

たまには目的もなく、ぶらぶらウィンドウショッピングもいいものですね( *´艸`)

こちらの記事が、皆様の豊かなキャンプライフの一助になりましたら幸いです。

※にほんブログ村に参加しています。リンクをポチリで喜びます(*´▽`*)

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました