スポンサーリンク

充電式サーキュレーター【クレイモアファンV600+】子連れキャンプでの使用体験をご紹介

【キャンプギア紹介】

こんにちは(*´▽`*)

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

今回の記事は、充電式サーキュレーター【クレイモアファンv600+】の使用体験をご紹介します。

クレイモアのサーキュレーターにご興味がある方や、夏場の暑さを解消する扇風機をお探しの方々の疑問解消を目的にまとめました。

我が家は、幼稚園児と小学生の子供二人と夫婦4人のファミリ―キャンプが主で、テントは2ルームのドームやシェルターを利用しています。

夏場は、テント内の暑さや蒸れ解消のために、いつも電源付きサイトを利用し自宅の扇風機を持参していますが、電源付きサイト縛りから解放されるために、ポータブル扇風機【クレイモアファン】を導入してみました。

記事の中では、クレイモアファンの製品仕様や外観の詳細、我が家が真夏に使用してみた感想についてご紹介します。

よろしければ最後までご覧ください。

記事の内容が皆様のお役に立ちましたら幸いです。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

充電式サーキュレーター【クレイモアファンV600+】子連れキャンプでの使用体験をご紹介

それでは、まずは【クレイモアファン】の製品仕様や外観などを詳細に見ていきましょう。

【クレイモアファンV600+(CLAYMORE FAN V600+)】について

Prism(プリズム)充電式モバイルワイヤレスサーキュレーターCLAYMORE(クレイモア)fan(ファン) V600+(プラス)

クレイモアファンV600+は、強烈に明るいランタンなどでも話題なPRISM(プリズム)が製造している、充電式モバイルサーキュレーターです。

サーキュレーターの仕様と外観を見てみましょう。

クレイモアファンV600プラスの仕様と外観

本体サイズ243×226×350㎜
重量600g
USB入力5V2A
バッテリータイプ/容量7,800mAh(Li-ion3.7v)
連続使用時間約7時間(最大風量)~約32時間(最小風量)
充電時間約6.5時間

スペック(仕様)表は御覧の通りです。

外観と合わせてみていきましょう。

まず、付属されている部品は、【本体】【USBケーブル(type-c】【専用三脚】です。

左から【本体】【USBケーブル】【専用三脚】

本体サイズはサーキュレータ部分のサイズは、直径が200mm弱ほどの円形に、

ハンドル部分もあわせた奥行が240㎜ほど、

専用の三脚をつけた高さが350㎜ほどです。

重量は600gと軽量です。

USB入力の規格は、5V2Aに対応し、ケーブルが付属してますが、充電用ポートはありません。

USB充電部分はtype-C端子で、充電すると充電中を示すランプがともり、充電完了とともに消失します。

充電に要する時間は約6.5時間です。

充電池はリチウムイオン電池を使用し、容量は7,800mAhです。

容量だとわかりにくいですが、使用時間で考えるとわかりやすいでしょう。

最大風力で使用した場合、約7時間連続使用で、最小風力なら約32時間の連続使用が可能です。

続いて、組み立て方や実際の使う様子を見ていきましょう。

クレイモアファンV600プラスの組み立ての様子や使用状況

まず【本体】は、ハンドルがついており、上下に動かせます。

ハンドル部分は本体に接続している部分を軸に、上下に240°くらいの可動域があります。

ハンドル部分は、ランタンハンガーに引っかけたり、カラビナを利用すると、テントのポールなどにつるして使用することもできます。

ひっかけて利用
カラビナで吊るして利用

本体の下部分に専用の三脚を接続する部分があるので、三脚をはめ込み、足を広げれば、立てて使用できる状態になります。

専用三脚を接続

三脚の先はゴム製になっていて、滑りにくい様工夫されており、安定感があります。

サーキュレータの首部分は、水平から上45度くらいまで縦の可動域がありますが、横への可動域はありません。

さらに、本体には専用三脚以外の三脚も使えるよう、三脚用のネジ穴が開いています。

写真用の三脚などを接続すれば、専用三脚よりも高い位置で風を送る事ができます。

続いて、駆動の様子を見ていきましょう。

スイッチは、サーキュレーター上部についています。

各スイッチを押すと、青いランプが点灯します。

オン/オフおよび風力のスイッチとタイマーがあり、風力は4段階、オフタイマーは1~4時間後まで設定ができます。

ランプは他にもバッテリー残量表示の機能もあります。

電源を入れた際に、タイマーの表示灯が5秒間バッテリー残量を表示します。

バッテリー灯がひとつのみ灯るか、灯らない際は残量が25%以下で、充電が必要な状態を表します。

風力は想像以上です。

直径はコンパクトなため、風の範囲は広くはありませんが、最大風力にすると4m~5m先までしっかりと風を感じることができます。

その他、ファン前面部は掃除用に簡単にとりはずせる作りになっています。。

その他、クレイモアファンには、別売りですが、収納および運搬用に専用のケースも販売されています。

電式モバイルワイヤレスサーキュレーターCLAYMORE(クレイモア)fan(ファン)V600/V600+専用収納ポーチ

ポーチは、本体、ケーブル、三脚がそれぞれ収納できるポケットがついています。

ポーチの外壁は、やや厚みがある作りで、衝撃を吸収してくれます。

容量は、本体がすっぽり入り、小さな小物程度なら一緒にはいる余裕はあります。

三脚専用ポケット、USBケーブルなどをそれぞれ入れて置けるポケットがついています。

開け閉めがしやすい様、ダブルジッパーがついています。

以上、仕様や外観、使い方についてみてきました。

続いては、我が家が子連れファミリーキャンプで実際に使用してみた感想とそう感じた理由とをご紹介します。

真夏の子連れファミキャンで使用した感想と、そう感じた理由

使用環境は、6月下旬、7月下旬ころの夏日で、どちらも気温は30度を超え、湿度も高い状況下でした。

一日は【クレイモアファン】と同じようなサイズ感のサーキュレーターの2台のみで、もう一日は電源付きサイトにて、自宅で使用する扇風機を持参して、一緒に使用しました。

使用していたテントは、2ルームの大型シェルター(サバティカルのスカイパイロットtc)です。

クレイモアファンの使用感想と、感想の理由をご紹介します。

感想その①:真夏のキャンプではこれひとつでは足りない。

真夏の子連れファミキャンですと、クレイモアファンV600+ひとつでは足りません。

理由は二つあり、一つは【風力】です。

我が家の様な2ルームテントだと、今回使用したシェルターの場合も、ドーム型の場合も5畳二間くらいのスペースがあります。

ドーム型2ルームテント

クレイモアファンの風力としては想像以上だったのですが、2ルーム全体の換気となるとスペースが広く、パワー不足を感じます。

一つでは足りないと感じたもう一つの理由は、【首振り機能がない】です。

首の回らないコンパクトなファンだと、風が吹く範囲は限定的です。

風の広がる範囲からも、直接風をあてるとなると、ひとりかふたりがちょうど良いサイズです。

直接風をあてるとなると、ひとりかふたりがちょうど良いくらい

子連れファミリーだと、テント内の人がいる位置も分散しますし(インナーテント内とリビングなど)、たとえリビングスペースに団らんしていても、人のいる範囲は広くなります。

真夏キャンプでは、直接体や顔にあたる風が欲しくなるため、首振り機能がない扇風機ひとつでは、物足りなく感じてしまいます。

以上のように【風力】や【首振り機能】から、真夏の子連れファミキャンをこれひとつで乗り切るのは難しいと思えます。

パワーや大きさのある扇風機をもう一つ使用したり、涼しいキャンプ場を選んだり、あわせて工夫が必要です。

続いての感想です。

感想その②:真夏は補助としてだが、オールシーズン活躍するサーキュレーターだと思う

真夏の子連れファミキャンでメインとなる扇風機ではありませんが、使い勝手は良く、オールシーズン活躍するサーキュレーターだと感じます。

そう感じる理由をご紹介します。

しっかりとした風力と静かな駆動音

まず、風力は想像以上でした。

前述のとおり、真夏のファミキャンにひとつで充分とはいきませんが、サブとしては十分な風力があり、最大風力でまわすと、ファンから4mほど離れた距離までしっかりと風を感じられます。

暑さはさほど厳しくない環境であれば、ひとつでも活躍してくれると思います。

さらに音が静かです。

夜間に最大風力で使用したとしても、気にならない音量で、昼夜ともに安心して使用できます。

他にも使い勝手の良い点があります。

充電式で軽量、コンパクト。持ち運びが容易なうえに、安定感もある

持ち運びが容易なので、扇風機の移動が楽です。

さらに、付属の3脚も、ゴム足で安定感があります。

首は回りませんが、あちらこちらに置きやすい作りなので、置く位置を工夫して、風の向きを調整することができます。

続いて、

設置方法も多様。寒い時期も暖気を広げるサーキュレーターとして活躍

三脚での使用方法以外にも、カメラ用の三脚や、カラビナなどを使用し、天井につるして使用する方法でも使用可能です。

テント内でストーブなどを使用する季節では、テント上部に上昇する暖気を、居住空間に効果的に広げるサーキュレーターとしても活躍します。

我が家の様なポール型のテントやドーム型テントの様に天井が高い場合は効果的でしょう。

また、冬場は撤収時の結露の乾燥作業などのためにもテント内の換気を促してくれるサーキュレーターがあると便利です。

長時間駆動にも対応できるバッテリーも使い勝手が良い理由でしょう。

連続使用時間が長い

最大風力で約7時間、最小では32時間も連続駆動が可能です。

真夏の様に最大風力で風を送り続けたい時期でないかぎりは途中で切れることもないと思います。

また、こんな面もあります。

デザインがかっこいい

三脚の細さと、材質など、デザインがかっこいい点もおすすめです。

好みは人それぞれでしょうが、キャンプサイトに映えるデザインなのも、使い勝手の良い理由になるでしょう。

以上の様に、使い勝手が良い要素も多くあり、オールシーズンあると便利なサーキュレーターだと感じています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

充電式ポータブルサーキュレーター【クレイモアファンV600+】について、真夏の子連れファミリーキャンプでの使用感想をご紹介しました。

真夏でも十分な活躍をしてくれればと期待し、購入しましたが、使ってみた感想はこのとおりです。

真夏にひとつでは足りないが、使い勝手が良くオールシーズン活躍するサーキュレーター

真夏の子連れファミキャンを快適にするには、このファンだけでなく、さらなる工夫が必要でしょうが、使い勝手は良く、真夏はサブとして、それ以外のオールシーズン活躍できるサーキュレーターだと思います。

Prism充電式モバイルワイヤレスサーキュレータークレイモアファン V600+ CLFN-V610WG

暑い夏キャンプを快適にする工夫については、こちらの記事でもまとめていますので、よろしければこちらもご覧ください。

以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

こちらの記事が皆様のお役にたちましたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました