スポンサーリンク

川と山が目の前に広がる、雄大なロケーションが最高!!茨城県大子町 上小川レジャーペンション

【キャンプ場紹介】

こんにちは。

2020年7月に利用した、上小川レジャーペンションの様子をまとめます。梅雨時で天気がいまひとつでしたが、強い雨にもあわず、二日目は晴天に恵まれ、楽しく過ごせました。

オートサイト、施設も使いやすく、何より開放感たっぷりでした。

とても、素敵なキャンプ場だったので、紹介させていただきます。ご笑覧ください。

※にほんブログ村に参加中です。リンクをぽチリで喜びます( *´艸`)

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

上小川レジャーペンションは、関東地方茨城県大子町のキャンプ場

上小川レジャーペンションは、茨城県久慈郡大子町にあります。googleマップの航空図こちら

オートサイトが多く、整備されており、我が家のようなビギナーでも利用しやすい所でした。

久慈川に隣接する丘にあります。久慈川と対岸の山を望める場所に、オートサイトが並び、目の前に雄大な景色を眺めます。サイトから階段や坂道を使い、川岸にすぐに降りることができ、子供達も川遊びを楽しめます。天候に恵まれれば、夜は満点の星空が望めます

また、ドッグパークもあり、愛犬とのお泊りもOKだそうです

サイトに隣接する久慈川 奥に電車の鉄橋があります。

予約は”なっぷ”から

予約はなっぷからです。施設HPの予約ページからもアクセスが可能です。

未経験ですが、LINEからの予約も可能なようです。

サイトの位置などの指定はできないため、当日到着してから振り分けされる様です。我が家が訪れた日は、雨天で利用者も少なかったためか、到着後好きなサイトを選べました

施設案内

管理棟

国道118号沿いにある看板から側道に入り、久慈川へ向かい下っていくと(ストリートビュウ)右手に管理棟があります。※ストリートビュウは古い情報で、下の写真の様に管理棟が新設(改築?)されています。

管理棟で受付をすませます。コロナ感染症対策のため、マスクの着用、検温や体調管理シートへの記入を求められ、施設内での感染症対策への案内もうけます。

他に、管理棟では、かき氷など軽食が販売されておりました。子供たちはかき氷が大好きなので、喜んでいました。

トイレ、炊事場、ごみ捨て場

管理棟からさらに下っていくと、左側にトイレ、ごみ捨て場、炊事場があり、つきあたりに至ります。(施設案内)。つきあたりの左右にオートサイトがあり、つきあたりの先は久慈川です。※2020年7月18日時点では新しいトイレやシャワーは工事中でした。新たな施設は管理棟隣にありました

炊事場は広く、8~10個ほど蛇口がありました。ソーシャルディスタンスをうながす案内がされており、一つ置きに利用する様にされています。きれいに整備され、使いやすいです。

ゴミ捨て場では、缶、びん、ペットボトルの分別をし、ごみを捨てていく事ができます。

各施設、ひと箇所にまとまっており、サイトからの距離も近く、使いやすいです。木もれ日サイトの端から100mも離れていないと思います。

オートキャンプサイト

宿泊施設は、オートキャンプ、グランピング、コテージとあります。今回はオートキャンプを利用してきたため。オートキャンプ場を紹介します。

HP上では、「陽だまりサイト」「木もれ日サイト」「せせらぎサイト」の3種類がHPで案内されています。”サイト案内”。それぞれのサイトに、河側と丘側とがあり全40サイト全てAC電源なし)あります。※せせらぎサイトは工事中でした。

利用料金は、施設利用料大人¥550 小人¥330と、一区画¥2200です。

木もれ日サイトの奥側から撮影

当日はあいにくの小雨でした。利用客が少なかった為か空いてるサイトを好きに選べました。選んでいいと言われると、うれしいのですが、全部良く見えちゃって、焦りますよね・・・(汗)比較的、河側から先に埋まっていたと思います。

あちこち熟慮した結果、「木もれ日サイト」の河側を利用してきました。理由は、子供達が河で遊ぶためと、開放的な展望のため、あと夜の星空を期待したからです。ちなみに、木もれ日サイトですが、木が無く、木陰はありません。暑い日は日差しを遮るものは無い為、時期により注意が必要かと思われます。

サイトの広さは8m×8mです。サイト内に車を一台駐車出来ます。いっぱいいっぱいながら、車も駐車し、ツールームテント、タープと建てる事ができました。車を駐車場に移動すれば、少しゆとりがもてると思います。隙間なく立ててしまうと、動線にロープとペグがある状態となり、子供が転びます・・・。

サイトの区切りは、ロープのみの区切りです。

地面は、平坦で、芝多めの土です。比較的軟らかく、ペグ打ちは楽でした。

テント、タープ接地後は、目の前に、久慈川と山を眺める位置で、一休みです。期待通り、開放感は抜群でした。また、サイトすぐ隣に河への階段があったため、河にもすぐに遊びに行けました

星空に関しては、残念ながら見ることが出来ませんでした。次回利用時に是非見てみたいものです。

虫とか・・・

虫の数については、さほど気になりはしませんでした。虫が苦手な息子も、トイレや炊事場への移動を嫌がってはいませんでした。「陽だまりサイト」の方は未経験ですが、木の下にあるサイトもあります。そのようなところでは、時期によっては気になるやもしれません

子供が喜ぶ。川遊びと花火

隣接した久慈川では川遊びができます。また、夜間は花火を川岸で楽しむ事ができます。

初日はあいにくの肌寒い天気のため、川岸を歩く程度で、退屈しないか心配しましたが、子供たちはさすがです。流木や石を拾ったり、投げたり、生き物を探したり、なんやかんやと楽しんでいました。

川辺の石はころころというよりは、かなりゴツゴツです子供たちが移動するのは少し大変そうでした。夜の花火の際など、くれぐれも気を付けてください

周辺施設

日本3名瀑の一つである袋田の滝を有する大子町は、とても自然豊かな町で、山・川・食と観光資源が豊富です。”大子町観光協会”でも、様々な観光スポットを紹介しています。

今回訪れたのは、”月待の滝”です。

滝の裏側に入る事ができる、水辺のパワースポットとして紹介されています。滝の裏側に入れるなんて、子供たちのテンション上がる事間違いなし!!と思い行ってきました。

キャンプ場から20分ほど北上していくところにあります。途中、有名なグリーンヴィラの隣を通ります。いつか行ってみたいものです・・・。

最寄りの駐車場から、徒歩10分ほど。滝に向かって山道を下っていきます。なんとも涼しい場所に到着します。木漏れ日と、滝のコントラストが何とも綺麗です。

案内の通り、滝の裏側に入っていきます。当日は混雑もなく、待つこともなく入れました。子供たちも、初めて近くで見る滝に圧倒されていました。

滝見の後は、お茶屋でお食事です。10割そばそばもちなどがありました。蕎麦や蕎麦つゆなど、素材にこだわって作っておられ、値段はややお高めです。メニューには値段が高い理由の説明が紹介されていました(笑い)。とてもおいしくいただきました

デザートには天然氷のかき氷を、イチゴをすりつぶしたシロップでいただきます。うぅ~ん。贅沢な味でした。イチゴの酸味もあり、大人はとてもおいしかったのですが、子供には大人っぽ過ぎる味だったようです・・・。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

隣接する久慈川と山との雄大な景色の中で過ごす時間は格別です。施設も使いやすく、家族全員が快適に過ごせました

子供たちは、普段できない川遊びを満喫していました。月待の滝では、”滝の裏側に入る”という初体験もでき、良い思い出になったと思います。

今回は残念ながら、満点の星空は見られませんでした。また、まだまだ訪れていない観光スポットもあるため、また訪問したいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。ご興味持たれた方は、ぜひ利用されてみてはいかがでしょうか。では、また。

※にほんブログ村に参加中です。リンクをぽチリで喜びます( *´艸`)

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました